筑波大学大学院修士課程教育研究科 Master's Program in Education, University of Tsukuba 本文へジャンプ
文字拡大について サイトマップ ENGLISH
障害科学学系TOP 教育組織 研究組織・教員 関連組織 アクセス(筑波大のサイトへリンク) 受験情報 (筑波大のサイトへリンク)
特別支援教育専攻

修士論文

修士論文提出までのスケジュール(予定)
年次 学期 実施事項
1年次 1学期 希望指導教員調査の実施
2学期 指導教員の決定
3学期 プレデザイン発表会
2年次 5月中旬 デザイン発表会/研究計画提出
9月末〜10月中旬 中間発表会
12月上旬 修士論文題目提出
1月中旬 修士論文提出
1月下旬〜2月上旬 最終発表会(最終試験)
2月 修士論文抄録集作成
3月下旬 修了式

平成20年度には、現職教員1年制プログラムの3名が修了し、平成21年度には現職教員1年制プログラムの1名、2年課程13名の計14名が修了いたしました。
 平成20年度および21年度の修士論文題目を紹介いたします。

    平成20年度

  • 脳性まひ児の学習上の困難に対する通常学級教師の気づき
  • 聾学校児童における書記表現の発達的変化-事例による検討-
  • 点字学習を行っている盲・知的障害児の実態に関する研究-点字学習能力と手指運動能力との関連の視点から-

    平成21年度

  • 授業リフレクションによる特別支援学校(肢体不自由)新任教師の気づき
  • 聴覚障害児童におけるナラティブと「心の理論」の発達の関係について
  • 特別支援学校と関係機関との恊働による重度・重複障害児の就学支援
  • 脳性まひ児の読解のつまずきに対する国語科教師の気づき
  • 基礎免許状取得課程の「特別支援教育に関する科目」が受講生に与える影響
  • 特別支援学校教師の自立活動指導の専門性
  • 英語学習における脳性まひ生徒の主語把握に関する研究
  • 携帯電話を用いた移動支援方法の検討
  • 人工内耳装用幼児への指導の取り組み −指導経験のある担当者への質問紙調査を中心に−
  • 障害児通園施設保育士の精神的健康に関する研究
  • 特別支援学校(聴覚障害)幼稚部における保護者支援に関する調査研究 −幼稚部の取り組みと保護者のニーズの視点から−
  • 幼児期の支援における特別支援学校幼稚部の役割についての検討 −全国特別支援学校幼稚部実態調査の分析を通して−
  • 知的障害特別支援学校幼稚部における豊かなやりとりを育む集団活動の在り方と効果の検討
  • 発達障害のある高校生徒の相互交渉の改善に関する研究 −学校での居場所づくりとソーシャルスキルトレーニングを通して−
HOME
開設授業科目
教員紹介
修士論文
在学生・修了生からのメッセージ
教育研究科