ご挨拶

人間系長 茂呂 雄二

このホームページは、人間系内および大学内の方々だけではなく、広く大学外の方々にも、人間系についてご案内するためにつくられたものです。

みなさまへ

人間系は、以前の教育学系、心理学系、障害科学系が一緒になり、2011年10月に新たに設立された教員の所属組織です。
人間系は、筑波大学において、教育学・心理学・障害科学に関する研究活動を推進するとともに、所属教員による教育活動を通じて学群・大学院の教育を支援する役割を担っています。

人間系における研究活動は、人間の感覚・思考・行動の発達や、それらの機能を育む教育・支援を主な対象領域とし、関連する多くの研究領域を含んでいます。以前の学系組織のときには、研究活動はそれぞれの学系内で行われることがほとんどでした。しかし、これらの研究内容には教育学・心理学・障害科学に共通した部分も少なくありません。
人間系は、教育学・心理学・障害科学を主な方法論として、お互いに連携・協同し、人間の発達や支援に関する研究活動をより積極的に行っていきます。

新しい人間系に対するご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

※系の位置づけ(大学の案内より)

新たな教員組織である「系」は,教育と研究の双方に基本的な責任を持ち,全学的な見地から,当該分野の発展及び他の分野との連携・協力を総合的かつ計画的に推進するものと位置付けています。
教員は「系」に所属し,教員個人の基盤的・恒常的な研究を行いつつ,学群・学類,研究科・専攻,センター等において,それぞれの組織の目的に即した教育研究を担います。

人間系の方々へ

このホームページ内には、人間系内の方々が情報を共有し、意見を交換できる場を設けてあります。その機能を活用していただき、みなさまが連携して研究・教育活動を行われるにあたり、大いに活用していただければ幸いです。
人間系の活動やホームページについてご要望・ご意見がありましたら、メールにてご連絡いただけますようお願いいたします。
                    連絡先:sien.ningenkei@un.tsukuba.ac.jp