筑波大学「働く人への心理支援開発研究センター」設立記念シンポジウムのご案内(9月10日,13:00~)

梅雨寒の候、貴社におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

本学では、去る平成31年4月1日付で、働く人への心理支援に関する研究と社会貢献の両面から、働く人に対してワンストップでサービスを提供することを目的とした「働く人への心理支援開発研究センター」を設立致しました。

現代社会はグローバル化、少子高齢化、AI活用などの環境変化により、さまざまなストレスが生じやすくなるなか、個人や組織が持つ力を十分に引き出し、未来に向けてポジティブに活用していくためには何が必要かに大きな関心が寄せられ、「働く人への心理支援」や「支援人材の高度化」に対する社会的要請が急速に高まっています。一方、働く人に関する研究内容を社会・経済に還元する産官学連携研究拠点の事例は、いまだ国内にはありません。

本学人間総合科学研究科・生涯発達専攻カウンセリングコースでは、過去30年にわたり、カウンセリングや心理学領域を専門とする社会人研究者の育成、社会における多様な現象についての研究成果の発信・発表を行って参りました。そうした実績に基づいた最先端かつ幅広い知見を活かし「人は、いつでも、いつまでも発達できる(Pursuit lifelong development, with us)」という理念のもと、働く人を取り巻くあらゆる環境の改善をめざしたワンストップでのサービス提供拠点(本センター)を設立することとなりました。

つきましては、その目指すところと活動内容をお知らせする設立記念シンポジウムを開催いたします。皆様におかれましては何かとご多用のところ恐縮ではありますが、是非ともご出席いただけますようお願い申し上げます。誠に恐れ入りますが、ご出欠を8月19日(金)迄に、本メール下部のURLからご連絡いただきますようお願いいたします。
またその際、当センターや本シンポジウムに対して、皆様が期待されることなどにつきましても、忌憚なくお聞かせいただけましたら幸いに存じます。そして、ご参加いただいた皆様とともに、本センターをともに形作っていくことができましたらと存じております。

令和元年6月吉日
働く人への心理支援開発研究センター 
センター長 岡田昌毅

日程・場所

日程:2019年9月10日(火)13:00~17:00
場所:筑波大学東京キャンパス 1階134室(電車でのアクセス:東京メトロ丸の内線茗荷谷駅)
https://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

イベント内容

12:30- 受付

13:00- 第一部
 ・センター設立の宣言 
   働く人への心理支援開発研究センター センター長  岡田昌毅 教授
 ・筑波大学より
   筑波大学副学長・国際産学連携本部長  金保 安則 教授
 (13:10-)
・基調講演 「生涯発達的視点からみた日本の現状 ―心理学ができること―」
   筑波大学人間総合科学研究科生涯発達専攻 大川 一郎 教授・副センター長
 (13:50-)
・働く人への心理支援開発研究センター 組織紹介
   働く人への心理支援開発研究センター センター長  岡田昌毅 教授
   同センター カウンセリングユニット リーダー   安藤智子 教授
   同センター 教育研修ユニット リーダー      岡田昌毅 教授
   同センター コンサルティングユニット リーダー  大塚泰正 准教授
   同センター 企画広報戦略ユニット リーダー    大川一郎 教授

【 休 憩 】

14:40- 第二部
・連携事例・実績紹介&パネルディスカッション
   株式会社日立製作所
   j.union 株式会社
   株式会社マイナビ
 (15:40-)
 ・研究会・勉強会の発足とご案内
   同センター 大塚泰正 准教授 「職場におけるセクシャル・マイノリティへの適切な対応」
   同センター 堀口康太 助教 「シニア労働者の活躍支援に向けたワークモチベーション」

16:20- 個別ご相談会

参加の登録はこちらから

※本シンポジウムへのご参加登録はこちらから

https://forms.gle/W5mb1XjEFCVfbEZL9

※お問い合わせ先

働く人への心理支援開発研究センター 事務局
t-onelab_info■un.tsukuba.ac.jp
(■をアットマークに書き換えてご送信ください)

上記内容のPDFファイル

こちらからご覧いただけます。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク