飯田 順子 准教授

専門領域:学校心理学,スクールカウンセリング

研究テーマ:

  • 学齢期の子どもの学校生活スキルに関する研究
  • いじめ予防プログラム・ストレスマネジメント教育等の予防教育に関する研究
  • スクールカウンセリングの実践に関する研究

WEB上で読める論文・業績等(抜粋):

学校心理学に関する研究の動向と課題-援助サービスの統合に向けて(CiNii)
中学生の学校生活スキルに関する研究-学校生活スキル尺度(中学生版)の開発(CiNii)
中学生のスキルを測定する尺度の開発に関する研究の動向(Tulips-R)

日本学術振興会・科学研究費助成研究テーマ(抜粋)

保護者の要求を学校改善に活かすシステムづくりに関する基礎的研究(研究代表者)

担当授業

最近指導した修士論文のタイトル:

  • 高等学校教員のワーク・エンゲイジメントに影響を与える要因の研究
  • 若年就業者の組織市民行動への影響要因 ~性格特性と職場環境の相互作用効果に着目して~
  • 思春期の子どもを持つ母親が親子の繋がりを捉え直していくプロセス ―親業訓練プログラムへの参加を通して―
  • これまでに指導した修士論文のタイトル:

    • 教員の管理職志向への影響要因―ロールモデルとマネジメント経験に焦点をあてて―
    • 自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害児の母親の自助資源・援助資源が受診前・診断時の感情体験に及ぼす影響
    • 即興音楽における感情表出による感情労働者のバーンアウト低減の試み
    • 小学校におけるレジリエンスを高める心理教育プログラムの開発と実践―集団SSTとSCの全員面談を用いて―
    • 大学生の履修行動に関する研究―動機づけ及びキャリア探索との関連から―
    • チャレンジスクールにおける集団社会的スキル教育の実践―不登校が多く在籍する単位制高校での取り組み―
    • 大学生の履修行動に関する研究―動機づけ及びキャリア探索との関連から
    • 小学校におけるレジリエンスを高める心理教育プログラムの開発と実践-集団SSTとSCの全員面談を用いて
    • 童話療法の実施形態の違いによる効果の比較
    • 共感性を育てるソーシャルスキル・トレーニングの実践
    • 中学生に対するネットいじめ防止プログラム作成の試み
    • 中学生の他者に対する被援助志向性への介入
    • 就労におけるリアリティ・ショックと認知特性の関係
    • ラテン系ニューカマーの母親の日本への適応過程
    • 大学新入生のストレッサーとソーシャルサポートが適応感に及ぼす影響
    • 幼稚園教諭は自己の職業経験をどのように捉えているか-M-GTAによるインタビュー・データの分析
    • 現代中学生のコミュニケーションの実態-アサーション表現の発話分析による検討
    • 高校生の進路決定過程における求めるソーシャルサポートの差異-自律的進学動機の個人差をもとに
    • 教育相談員は小学校との連携をどのように体験するのか-グラウンデッド・セオリー・アプローチによる面接データの分析
    • 友人グループ及びグループ内の勢力が心理的適応に与える影響
    • 中学校における学級担任の社会的スキル訓練の効果-聞くスキルのプログラム開発
    • 中学生のカウンセリングに対するイメージ及びそれに影響を与える要因
    • 家庭における中学生の怒り経験とその鎮静化過程
    • 中学生の保護者の援助ニーズと援助を求めることへの不安の検討
    • 中学校における学級集団を対象とした社会的スキルトレーニングの実践-学級適応を目指した取組みとして
    • 在日外国人留学生の異文化適応における自己効力感とスキルの役割について

    主な著書(抜粋):

  • 「世界の学校心理学事典」,明石書店,2013
  • 「学校教育と心理教育的援助サービスの創造」,学文社,2014
  • 「よくわかる学校心理学」,ミネルヴァ書房,2013
  • 学生へのメッセージ:

    学校には先生方の創意工夫でなされている良い実践がたくさんあります。
    それらを目に見える形(研究)にして,情報発信し,蓄積していくことが,子どもへの援助サービスの充実にとっても,先生方の燃え尽きを防止するためにも大切だと思っています。
    ぜひ楽しくご一緒に研究していけたらと思います。

    < 教員紹介に戻る