高等教育論

担当教員

准教授 田中 正弘(たなか まさひろ)TANAKA Masahiro(東京キャンパス)

専門研究領域の沿革と概要

 高等教育論は教育学の中では比較的新しい学問分野です。また,「論」であって,「学」でないのは,「高等教育研究は,それ自体が整然とした理論的体系をもっているわけではない」(金子 2012: 58)ためです。従って,本研究室では,教育社会学や比較教育学など既存の研究手法を活用して,高等教育を対象とした研究活動を行うことになります。
 高等教育論が「学」でないことは,伝統的な学問分野と比べて重要ではないということを意味しません。それどころか,高等教育論の重要性は日に日に高まるばかりです。高等教育機関(大学など)は,ユニバーサル化やグローバル化などの環境変化,公的補助金の削減や学生定員割れなどによる財政難,教育研究の高度化や地域貢献の推進などの社会的な要求,ステークホルダー(政府,保護者,学生など)への説明責任の強化など,いくつもの困難な状況に直面しており,高等教育研究で得られた知見を必要としています。
 本研究室は,2017年4月に設置された真新しい研究室です。伝統はまだありませんが,知力・体力のある学生とともに,これから伝統を一緒に作り上げていきたいと存じます。

【参考文献】 金子元久(2012)「高等教育論」『日本労働研究雑誌』No.621,58-61頁。

所属院生とテーマ

 募集中です。

研究室活動の特色

 高等教育機関が抱える課題は実に多様です。その課題探求・解決方法も,実に多様です。よって,田中正弘准教授は文献・訪問調査に基づく国際比較の手法を好んで活用しますが,他の研究アプローチ(史的・質的・量的調査)を得意とする学生も歓迎いたします。幸い,教育基礎学専攻には多様な研究アプローチの専門家が在籍しているので,他の研究室との連携による活動を活発化させていきたいと存じます。

学生へのアピール

 高等教育論を修得した学生の活躍の場は様々な領域に広がりつつあります。一例として,高等教育を研究する専門家はもちろんのこと,大学教員能力開発の専門家(FDer),大学の諸活動に関する情報分析の専門家(IRer),大学の教育研究以外の専門的な業務を遂行する職員(高度専門職員)などが考えられます。
 本研究室は,多様なバックグランドを持ち,様々な問題意識を有する,そして,高等教育機関を少しでも良い組織にしたいと考える学生をお待ちしております。