カリキュラム

専門研究領域の沿革


1949年に発足した東京教育大学に「教科課程論」の講座が設けられ、主任教授に、山田栄教授(1902~1988)が就任された。これが後に「教育課程」と改められ、1976年に筑波大学大学院博士課程教育学研究科が設置されると共に、「教育課程学」の分野に継承された。さらに、2001年に人間総合科学研究科への再編により「カリキュラム」と改称された。この半世紀以上の間、金子孫市、小野慶太郎、山口満、田中統治の各教授のご指導のもと、日本の数少ないカリキュラム研究の拠点として、数多くの研究者を輩出してきた。現在、根津朋実教授が「カリキュラムの評価研究」を進めている。

在校生とその研究テーマ

在籍者なし

入学者出身大学と勤務先

(1) 入学者出身大学:筑波大学人間学類、同教育研究科、東京学芸大学、横浜国立大学大学院、宇都宮大学大学院、愛知教育大学、福島大学、中国、韓国、台湾からの留学生など。
(2) 勤務先・職:上越教育大学教授、名古屋学院大学教授、名古屋大学教授、獨協大学教授、大阪市立大学教授、東京学芸大学准教授、中国・華東師範大学教授、筑波大学講師、筑波大学准教授、小樽商科大学教授、台湾・国立嘉義大学副教授、韓国・教育課程評価院研究員、文教大学講師、聖徳大学講師、専修大学准教授、長崎大学准教授、筑波大学教授、浜松学院大学准教授、兵庫教育大学准教授、エリザベト音楽大学助教、昭和女子大学専任講師、東洋大学助教、東京農業大学助教など。

博士学位取得者

氏名 研究テーマ 取得年 指導教員
徐敏民 戦前中国における日本語教育 1993 山口満
鄭栄根 カリキュラム開発における教師の役割とその遂行過程に関する研究 1999 山口満
島田啓二 H.C.マッコーンの教科外活動理論におけるガイダンスに関する研究 1999 山口満
林明煌 台湾の高等学校における日本語教育のカリキュラム開発に関する研究 2000 山口満
根津朋実 カリキュラム評価におけるゴール・フリー評価論の応用に関する研究 2001 田中統治
岡部善平 「総合学科」高校生の選択制カリキュラムへの適応過程に関する研究 2002 田中統治
戸野塚厚子 スウェーデンの義務教育における「共生」<Samlevnad>のカリキュラムに関する研究 2012 田中統治

元在校生の声

この研究室は、カリキュラムを専門とする日本でも数少ない研究室であり、カリキュラムから学校教育の諸問題を捉える研究姿勢を培うために、日々切磋琢磨しています。当研究室の「醍醐味」は、常に教育実践に基づいて理論を吟味していく所にあります。現在、それぞれの院生が、ゼミでの指導や学会発表、学会誌への論文投稿といったアカデミックな「格闘」を経ながら、カリキュラム研究者としてのアイデンティティの確立を図っています。「研究者の卵」の自分が、「大鷲」として羽ばたける日を夢みて、研鑚の日々を楽しんでいます。(T.H)

OB・OGの声

私は97年に教育学研究科に入学し、03年度までの7年間、教育課程の研究室にお世話になりました。この間、交流協定を結んでいるペンシルバニア大学にも留学する機会を得て、教育プログラムの研究を進めてきました。この研究室では、自分の人生の宝物である「チャレンジ精神」を教えていただきました。私の出発点であるこの研究室のご発展を心より祈っております。(森田司郎、専修大学教授)