教育工学

専門研究領域の沿革


教育工学領域は、教育学研究科が2専攻の構成をとった昭和58年に発足した。歴代教授を、プログラム学習及びIT利用教育日米比較研究の川合治男教授、そして、筑波大学教育機器センターをその開設以来担当し教育機器事業を推進された渡邊光雄教授が教育方法学領域への移籍まで務められた。その後は吉江森男教授が教育機器センター(平成16年度から情報環境機構学術情報メディアセンターに改組)担当を経て、大学における教育メディア利用、情報教育について実践的研究を行っていた。現在、研究活動および学生指導は、教育方法学領域と合同で行っている。

在校生とその研究テーマ

(教育方法学研究室で対応)

入学者出身大学と勤務先

(1) 入学者出身大学:韓国釜山大学校、韓国全南大学校師範大学、タイ国コンケン大学、バーレーン国バーレーン大学、韓国高麗大学校、中国長春大学。
(2) 勤務先・職:韓国晋州大学校、韓国全南第一高等学校、タイ国コンケン大学教育学部、バーレーン文部省教育メディアスペシャリスト、横浜桐蔭大学、琉球大学。

博士学位取得者

(1) 課程博士(課程博士規準)

氏名 研究テーマ 取得年 指導教員
白南権 児童生徒の学習メデイア利用に対する「先有知覚」に関する研究 1992 渡邊光雄
金在明 WWW英語資源を用いた外国語テキストのオーセンティシティに関する研究 2001 渡邊光雄
チャイチャルン・スマリー Effective Media-utility in Learning 2001 渡邊光雄
シャキル・ハサン・ラシド The Metamorphism from Physical to Psychological Distance in Distance Education 2002 渡邊光雄
李禧承 学校教育におけるハイパーメディア教材の利用に関する研究 2005 渡邊光雄

 

OB・OGの声

「教育学を柱とするテクノロジー活用」
筑波大学の教育工学分野の特色を一行であらわしますと、「教育学を柱とするテクノロジー活用」といえます。言い換えると、教育学をベースとして、テクノロジーの活用だけでなく、そのテクノロジーによって教育の問題がいかに改善していくかまでを議論の対象とします。日ごろ教育学を愛し、また教育の問題を工学的アプローチによって改善したいと思っている方、是非とも挑戦してみてください。私の博士論文では、学校教育におけるハイパーメディア教材利用に必要な理論モデルを構成し、その理論モデルに基づくハイパーメディア教材利用の有効性を中等教育段階の学習者を対象として歴史学習において論証しました。(李禧承)