教育方法学

専門研究領域の沿革


教育方法学領域は、1949年の東京教育大学発足当初より碩学篠原助市教授の高弟の一人山極真衛教授が担当した「教育方法学講座」に遡る。同講座は、東京教育大学の筑波大学移行後、「学習指導学分野」として引き継がれ、本研究科発足に伴って現研究領域に継承された。山極教授以降、教育方法学講座および学習指導分野の歴代主任教授は、エッガースドルファー陶冶論研究者冨田竹三郎教授、生活指導研究者井坂行男教授、ヴィルマン陶冶論等ドイツ教授学研究者長谷川栄教授、デューイ研究者佐々木俊介教授、クラフキ教授論研究者渡邊光雄教授、教師教育・質的研究法研究者平山満義教授である。現在は、樋口直宏教授が授業分析および思考力育成に関する研究・教育を行っている。

在校生とその研究テーマ

3年:細矢智寛 自己調整学習指導の理論と実践

3年:日高 淳 専門学校における職業教育とキャリア教育に関する研究

3年:小林優子「科学の本質(Nature of Science)」の理解が意思決定に与える影響に関する実証的研究

3年:田中 怜 1970年代以降のドイツにおける改革教育学的な学校・授業改革に関する研究

3年:村井輝久 大伴茂の教育科学研究における教育診断構想に関する研究

1年:アーロン・メナ 初等教育における批判的思考力育成に寄与する視聴覚教材の開発に関する研究

1年:平岡秀美 ドイツの倫理・道徳教育科目をめぐる教授学的論争に関する研究

1年:藤井真吾 教科指導における教師の実践的知識に関する研究

入学者出身大学と勤務先

(1) 入学者出身大学:千葉大学教育学部、筑波大学第一・ニ学群、東京学芸大学教育学部、東京教育大学教育学部・理学部、奈良教育大学教育学部、日本大学文理学部、北海道教育大学教育学部、明治大学文学部、早稲田大学教育学部、他。
(2) 勤務先・職:茨城大学、岩手大学、香川大学、京都教育大学、聖徳大学、筑波大学、東洋大学、日本大学、宮崎大学、長野大学、東京成徳大学、国士舘大学、女子美術大学、他。

博士学位取得者

(1) 論文博士

氏名 研究テーマ 取得年 指導教員
庄司他人男 アメリカにおけるヘルバルト主義教授理論の受容と展開 1983 長谷川栄
楊玉珍 中国における幼稚園教育の導入と展開~清朝末期から民国期まで~ 1991 長谷川栄
渡邊光雄 W.クラフキの教授学構想に基づく「二面的開示」に関する研究 1992 長谷川栄
大河原清 教育における非言語コミュニケーションの研究 1994 長谷川栄
平山満義 「エスノ・認知的パラダイム」による教師効果研究 1995 長谷川栄
小笠原喜康 Peirce記号論によるVisual記号の概念構成とその教育的意義 2001 渡邊光雄
助川晃洋 ドイツにおける「教育的関係」論の展開 2001 渡邊光雄
樋口直宏 批判的思考指導論に関する研究―アメリカにおける思考技能指導の方法と日本の授業実践への適用― 2012 吉田武男

在校生の声

教育学は、教育問題を捉える学問のひとつである。教育を捉える学問には、社会学や心理学などの学問もある。これらの問題関心は、事実としての教育を捉えることにある。だが、教育学の目的は、単に教育を認識することにあるのではない。教育学の問題関心は、教育的価値を実現するための教育の方法を研究することにある。この研究を支えているのは、「いかなる人をつくりあげるか」、「いかにして人をつくりあげるか」という問いである。ただしそこで行われる研究が教育的価値の追究や技術論の水準に留まるものであっては、教育が直面している問題を説明し、またその問題を解決することには結び付かないであろう。教育学は、教育や学校が置かれている状況を社会的歴史的な背景とも結び付けながら、教育の研究に取り組む必要がある。

教育学の中でも、教育の方法を中心的に研究しているのが教育方法学である。教育方法学は、ひとがひとをつくりあげるという難問に取り組んでいるのである。そこでの研究課題は、教育的価値、教育目標・評価、教育内容、教授論・授業構想、さらにはそれらを支える教育する者の考えや信念を研究することなど多岐に亘る。本研究室に在籍する大学院生の研究課題が多様であるのは、その端的な表われである。ひとがひとをつくりあげるという難問に取り組みたいと考えている人に、私は本研究室への進学を勧めたい。

(村井 輝久 博士後期課程3年)

OB・OGの声

「教育学に固有のディシプリンはない」といわれるのを私はよく耳にします。教育社会学であれば社会学をそのディシプリンとし,教育心理学であれば心理学をそのディシプリンとし,教育哲学であれば哲学を・・・のように,教育学は「教育○○学」の○○学のディシプリンに従うのが通例とされますね。このことから,教育学には固有のディシプリンはないといわれるのでしょう。これは確かに教育学の学問的性格の一面をとられています。しかしながら教育学には固有のディシプリンはないという言い方に私は違和感を覚えます。それはおそらく,私が,教育学諸領域の中でも最も実践に近い教育方法学を専門とすることに理由がありそうです。教育方法学は教育実践から問題を発見し,それを学問の言葉に変換して考察し,得られた知見を実践に還元する「実践と理論との往還」を基本とする学問領域です。理論抜きの教育方法学はあり得ませんし,また実践抜きの教育方法学もあり得ません。その意味で教育方法学とは,理論と実践とを行き来する運動そのものを中心に据えた学問領域であるといえます。別の言い方をすれば,教育実践から問題を切り取ることができるディシプリンであれば,あるいは切り取った問題を学問の言葉に変換できるディシプリンであれば,あるいは得られた学問的知見を教育実践に還元できるディシプリンであれば,ディシプリンは何を採用してもよいのです。筑波大学教育方法学研究室出身の先輩方の中にはドイツ教育学の研究をされていた方や,哲学的アプローチや工学的アプローチで研究をされていた方もいらっしゃいました。私のように社会学的アプローチから教育を分析している者もおります。このように,教育方法学が取りうる研究方法は多岐に渡ります。子どもの人間形成上有効な知見を実践から糸を手繰って編み出してゆく。これこそが教育方法学であり,ひいては教育学が究極的に目指すべき固有のディシプリンである,と私は考えています。 教育実践の場で奮闘される先生方と手を取り合って研究を進める。こんなに楽しいことは他にあるのでしょうか(私にはありません)。

(早坂淳、長野大学准教授)