人文科教育学

専門研究領域の沿革


東京教育大学教育学部教育学科の教科教育関係講座の一つとして位置づけられていた人文科教育講座が、筑波大への移行にともなって教育学系の教科教育学領域の一つ(人文科教育学分野)として位置づけられ、2001年度からは人間総合科学研究科学校教育学専攻の一つに位置づけられた。「人文科教育学」は広い意味での「ことば」に関する教科教育をめぐる研究分野を指すもので、国語教育・日本語教育・外国語教育(主として英語教育)の研究分野を対象にしている。

在校生とその研究テーマ

・3年:勘米良祐太、旧制中学校「国語及漢文」科における文法と作文の関係

・3年:菊田尚人、国語科におけるふり返り交流活動の研究

・3年:金ボイェ、戦前韓国における日本語教育の研究-山口喜一郎の直接法を中心に-

・3年:奇楽木格、課外学習者コミュニティによる日本語学習者のオートノミー育成に関する研究

・3年:中嶋真弓、高等女学校における国語教育の研究

・3年:鄭一葦、国語科作文教育におけるジャンルの取り扱い方に関する研究

・3年:成田愛子、高等学校国語科の必履修科目における「総合」の史的研究

・2年:浅井哲司、字幕教材による話し合い指導の研究

・1年:青山由紀、小学校物語創作指導における読む活動の位置づけに関する研究

入学者出身大学と勤務先

(1) 入学者出身大学:筑波大学人文学類・人間学類・日本語日本文化学類、立命館大学文学部、早稲田大学教育学部、文教大学教育学部、長崎大学教育学部、千葉大学教育学部、お茶の水女子大学文教育学部、東京学芸大学、祥明大学校(韓国)、慶應義塾大学文学部、東呉大学(台湾)、彰化師範大学(台湾)、高麗大学校(韓国)。
(2) 勤務先・職:上越教育大学准教授、岐阜大学准教授、横浜国立大学教授、白鴎大学教授、東京家政大学教授、祥明大学教授(韓国)、山形大学教授、埼玉大学教授、文教大学准教授、鹿児島大学教授、つくば国際大学准教授、岡山大学教授、新潟大学教授・准教授、宇都宮大学准教授、千葉大准教授、北海道教育大学准教授、千葉敬愛短期大学講師、筑波大学人文社会系講師、信州大学講師、常盤大学講師、島根大学講師。

博士学位取得者

(1) 課程博士(課程博士規準)

氏名 研究テーマ 取得年 指導教員
李賢珍 日本語の会話教育におけるコミュニケーション方略指導の研究-韓国人日本語学習者を対象として- 2008 桑原隆
石田喜美 「ピア・グループ」によるメディア・リテラシー学習の支援に関する研究 2008 塚田泰彦
飯田和明 小砂丘忠義の綴方教育における基本構造と思想 2012 塚田泰彦
勝田光 中学生の書く行為に着目した国語科における読者反応の支援 2016 塚田泰彦
鈴木貴史 初等教育における二元的書字教育論の形成過程 2017 甲斐雄一郎

(2) 論文博士

氏名 研究テーマ 取得年 指導教員
滑川道夫 明治大正作文綴方教育史研究 1980 湊吉正
倉澤栄吉 昭和戦後期における読むことの学習指導論の展開 1991 湊吉正
高森邦明 大正・昭和初期における生活表現の綴り方の研究―東京高師付属小学校教師の実践と理論― 1994 湊吉正
有沢俊太郎 明治前中期における日本的レトリックの展開過程に関する研究 1995 湊吉正
桑原隆 西尾実国語教育論の探究 1998 谷川彰英
塚田泰彦 読みの教育における語彙意味論的方法の研究 2000 桑原隆
甲斐雄一郎 国語科の成立過程と教科内容編成 2007 桑原隆
藤森裕治 国語科教育実践場面における予測不可能事象の研究-授業システム概念の構築と展開- 2008 桑原隆
柳京子 日本語音声の言いあやまりの研究-韓国人に対する音声教育の観点から 2008 塚田泰彦
長田友紀 話し合い指導における視覚情報化ツールの活用 2013 塚田泰彦
八木雄一郎 国語科における「古典」概念の形成過程 2017 甲斐雄一郎

在校生の声

「多様で深い“ことばの教育”の研究ができる場所」

私の研究テーマは、韓国における日本語教育史です。すなわち、母語としての日本語教育ではなく、外国語としての日本語教育について研究しています。なぜ、「人文科教育学研究室」で、「外国人向けの日本語教育」を研究しているのでしょうか。「人文科教育学研究室」だからこそ可能なことです。「人文科教育学研究室」では、「国語科教育」に限定するのではなく,広く「ことばの教育」を対象としています。「人文科教育学研究室」では言語教育における「多様で深い学び」を求めています。OBと在学生の研究テーマを見ると、言語教育における歴史と現在、母語と外国語、地域社会との共生などが共存していることが分かります。一言でいうと「人文科教育学研究室」は、「多様で深い“ことばの教育”について追究し続ける研究室」です。

(金ボイェ)


「探求」
最初はただただ、自分の今まで母国で受けてきた国語教育に不満があり、日本では国語教育はどうように行われているのか知りたいと思い、人文科に入りました。それから4年間が経った今から振り返ってみると、当時あやふやな気持ちが今、非常に明確な「問い」になっていることにびっくりしてしまいました。人文科の先生方や先輩方の丁寧なご指導だけではなく、ゼミでほかの方の話を聞いたり、院生たちとの雑談で研究課題について議論したりすることによって、私たちは結局、言語教育の現時点の問題を解決したいというより、「言語とは何か」、「言語教育はどう行うべきか」のような、本質的なことについて一生懸命に考え、答えを出したいと思っていることに気づきました。人文科は、このような「探求」のために充実な設備を整え、そして豊富な研究活動も展開しており、いつも新しいメンバーが新しい刺激をもたらしてくれることを期待しております。
(鄭一葦)

OB・OGの声

「想い」
人文科教育学研究室の院生として本質的に求められるものは、それほど多くはありません。まず大事なのは、言葉の教育に対する想いです。その想いが強ければ強いほど、充実した研究生活を送ることができます。人文科教育学研究室の研究指導態勢と学習環境は、あなたの想いを裏切りません。少しでも関心のある方は、一度研究室にお越しください。研究室をご覧いただき、先生方や院生と話をしていただければ、ここに書かれていることについて納得していただけるはずです。(八木雄一郎、信州大学准教授)


「マージナルなものとして生きる」
研究以外のことについても言えますが、新しい「何か」を生みだすためには、その生みだそうとする本人がマージナル(=周縁、周辺)なものでなければならないと思います。しかし、マージナルなものとして生きること、そしてマージナルなものとして研究を続けていくことは、とてもつらいこと、とても苦しいことです。「誰も自分のことを認めてくれるはずはない」という気持ちに苛まされることは日常茶飯事です。それでも、マージナルなものとして生きていくこと。このことが大事なのだと思います。人文科教育学研究室は、マージナルなものとして生きることが許される場です。そして、いかにマージナルなものとして生き、研究を続けていくかを教えてくれる場であるとも思います。(石田喜美、横浜国立大学准教授)


筑波大学で研究した方々が出版された書物の「あとがき」を読んでいると院生生活について、繰り返し出てくる内容がある。大きく分けると次の二つである。①人に恵まれる。②研究環境に恵まれる。

 前者は具体的には、研究者を目指す人々、すでに研究者として立っている人々との交流が挙げられるだろう。研究室や研究分野をこえた院生同士の交流、長期研修などで筑波大学に滞在する他大学所属の研究者や小中学校などの教員との交流も、直接の指導教員との付き合いとはまた別の刺激をうける。

後者はたとえば、東京から遠く静かな環境で研究できることが挙げられる。東京から遠いことに関して、在学中は不満に思うこともないではなかったが、東京で研究会などに参加したあと、移動時間の間に適度にクールダウンしたということもよく聞く話であり、私にも経験がある。

また、図書館の蔵書が豊かであり、かつすべて開架であり、開館時間も長いなどが挙げられるだろう。これほどの蔵書が開架であり、研究個室が利用できることも狭いアパート暮らしの学生には助かる。院生室にも机があり、物理的な「場」が豊かである。研究個室で疲れると院生室でお茶しながら、おしゃべりしたことで「はっ」と気が付くこともある。

このような環境に恵まれ、かなり面倒見がよい(現役の大学教員の私から見ても)指導教員がいるのであるから、ここを目指さない理由はないと考えるが、どうだろうか。

(浮田真弓、岡山大学教授)


「原点」
 自分が人文科に入学したのは、もうかれこれ20年以上前のことになる。思い返してみると、人文科に入学する前(学類時代)の自分は、「言葉」について、そしてそれを「研究する」ということについて、ほとんど何も理解していなかったのではないかと思う。意識だけは高かったように記憶しているが、勉強もほとんどせず、自分が見聞きしたもののみに囚われて、いろいろなことを分かったような気になって(言葉を選ばずに書くのであれば)少しいい気にもなっていたように思う。そのような態度を改めさせてくれたのが、筑波大学の伝統と実績を体現する人文科の先生方による手厚いご指導であり、院生同士の屈託のない相互意見交流の場であった。人文科教育学研究室での様々な出会いと経験が、今の自分の大学教員としてのあり方を支えてくれていると言っても過言ではないだろう。
(森田真吾、千葉大学准教授)