数学教育学

専門研究領域の沿革

  数学教育学研究室は、東京文理科大学及び東京高等師範学校の諸先生のご努力を経て東京教育大学教育学研究科において理数科教育講座として、昭和28年に開設された。東京教育大学から筑波大学への移転に際して、教科教育分野の強化が図られ、現在の数学教育学へ独立した。これまで、和田義信先生、古藤怜先生、三輪辰郎先生、能田伸彦先生、清水静海先生がご尽力なされ、現在、清水美憲、礒田正美、蒔苗直道の3名の教員で構成されている。研究室には、6名の院生が在籍している。そして、例年、博士前期課程教育学専攻院生、教育研究科数学教育コース院生や研究生を加え、総勢30名以上で研究に取り組んでいる。

在校生とその研究テーマ

  • 3年:大塚慎太郎、学校数学における論理的思考の分析と評価
  • 3年:辻山洋介、学校数学における証明の方法に関する研究
  • 3年:渡会陽平、学校数学における乗法構造の学習過程に関する研究
  • 3年:榎本哲士、学校数学における文字式の理解に関する研究
  • 3年:花園隼人、数学の審美性への着目による創造的な学習の展開に関する研究
  • 2年:平林真伊、学校数学における数学的モデル化能力の育成に関する研究
  • 2年:山崎美穂、数学学習における数学的価値の影響に関する研究

入学者出身大学と勤務先

(1) 入学者出身大学:北海道大学、秋田大学、東北大学、茨城大学、群馬大学、筑波大学(自然学類、人間学類、情報学類、修士課程教育研究科)、千葉大学、東京教育大学、東京学芸大学、東京理科大学、信州大学、金沢大学、名古屋大学、愛知教育大学、三重大学、京都大学、東北師範大学(中国)、ソウル大学(韓国)、釜山大学(韓国)、チュラロンコン大学(タイ)。
(2) 勤務先:文部科学省、国立教育政策研究所、北海道教育大学、秋田大学、福島大学、宇都宮大学、群馬大学、上武大学、茨城大学、筑波大学、千葉大学、敬愛大学、埼玉大学、東京学芸大学、東京理科大学、東京成徳大学、明治学院大学、横浜国立大学、信州大学、上越教育大学、富山大学、金沢大学、新潟大学、愛知教育大学、椙山女学園大学、奈良教育大学、立命館大学、鳴門教育大学、鳥取大学、山口大学、釜山大学(韓国)、コンケン大学(タイ)。

博士学位取得者

(1) 課程博士(課程博士規準)

氏名 研究テーマ 取得年
清水克彦 数学教育におけるProcess-oriented learningの研究 1987
杜威 学校数学における文字式の学習に関する研究 1989
奥招 昭和10年代に見る算数科の成立過程に関する研究 1994
宮崎樹夫 学校数学における証明に関する研究 : 証明に至る段階に説明の水準を設定することを通して 1995
松尾七重 学校数学における図形の概念形成に関する研究:図形の概念の包摂関係を視点として 1998
インプラシット・マイトリー Students’Emotional Experience during Mathematical Problem Solving 2000
増田有紀 角に関する学習上の困難点の特定とその解消の方法―学校数学における角の学習指導の改善に向けて― 2011
小松孝太郎 数学的探求における操作的証明の活用の促進に関する研究 2012

(2) 論文博士

氏名 研究テーマ 取得年
能田伸彦 学校数学におけるOpen-Approachによる指導の研究 1982
杉山吉茂 数学教育における公理的方法の役割 1985
伊藤説朗 数学教育における構成的方法に関する研究 1992
藤井斉亮 学校数学における「文字の式」の理解に関する研究 : 認知的コンフリクトによる理解の顕在化と分析 2000
大谷実 学校数学の一斉授業における数学的活動の社会的構成 : 社会数学的活動論の構築 2000
江森英世 数学学習におけるコミュニケーション連鎖の研究 2003
清水美憲 数学学習における「メタ思考」の機能とその促進に関する研究 2006

在校生の声

私たちの研究室では,数学教育における様々な問題を解決するために,各自の問題意識に基づいたテーマを中心とした研究活動を行っています。毎週のセミナーでは,院生同士の議論や先生方からのご指導を通して,各自の研究テーマについてはもちろん,様々な理論や研究方法についての見識を深めています。また,国内外の学会において研究発表したり,教育実践を参観させていただく際に,数学教育に関わる多くの方々の考えに触れ,交流を深めることによって,大学で得られた見識をさらに広げ,深めています。私たちは,「数学教育を通した人間形成」という大きな目標を達成するために,数学や教育学といった他の学問では解消されない問題を「数学教育学」の課題として捉え,その解決を目指しています。数学教育,そして数学教育学のさらなる発展を目指し,私たちと一緒に研究に取り組みましょう。
(花園隼人、3年)

OB・OGの声

「数学教育学研究者を志すみなさんへ」
今日、数学教育学は国際的な研究領域として成長しています。一方、教育現場には、数学嫌いなど、未解決な諸問題が残されています。こうした諸問題を乗り越えていくためには、皆さんのエネルギーが必要です。
学校教育学専攻(数学教育)では,博士号の所得に向けて研究者としての基礎を培うことができます。これまでにも多くの研究者を輩出し、それぞれが大学や研究機関で先導的な役割を担っています。あなたも,私たちの「仲間」になりませんか。
(宮崎樹夫、信州大学教授・博士(教育学))