理科教育学

専門研究領域の沿革


理科教育学研究室は、東京教育大学大学院時代には理数科教育講座に属していた。筑波大学開学とともに、理数科教育講座は、数学教育学と理科教育学の各分野に独立した。理科教育学分野は、博士課程教育学研究科教育学専攻に属していたが、その後教育学研究科が二専攻になり、学校教育学専攻に属した。平成13年度から教育学研究科が人間総合科学研究科に統合再編され、理科教育学領域は学校教育学専攻に属している。本研究領域は、日本最古の師範学校の流を汲み、東京教育大学時代以来一貫して、日本の理科教育学研究の拠点の一つとして多くの有為な人材を輩出してきている。

在校生とその研究テーマ

  • 3年:大嶌竜午、「理科授業における実験活動の研究」
  • 3年:泉 直志、「理科授業における授業活動の研究」
  • 3年:石崎友規、「理科における探究に関する研究」
  • 3年:遠藤優介、「理科教育の目的に関する研究」
  • 3年:宮本直樹、「理科教育におけるデータ解釈能力育成に関する研究」
  • 3年:柳本高秀、「天文分野における月・惑星の運動の学習に関する研究」
  • 3年:伊藤哲章、「高校生物における遺伝子の教育に関する研究」
  • 2年:人見久城、「理科におけるものづくりに関する研究」
  • 1年:後藤みな、「幼児期の自然体験活動に関する研究」
  • 1年:福田成穂、「科学の性質の学習に関する研究」

入学者出身大学と勤務先

(1) 入学者出身大学:新潟大学教育学部、秋田大学教育学部、長岡技術科学大学工学部、福島大学教育学部、常盤大学人間科学部、茨城大学教育学部、茨城大学理学部、筑波大学生物学類、筑波大学農林学類、筑波大学自然学類、千葉大学教育学部、埼玉大学教育学部、東京学芸大学教育学部、東京大学理学部、東京水産大学、青山学院大学理学部、ソウル教育大学、ソウル大学師範大学院、日本女子大学理学部、他。
(2) 勤務先・職:山形大学教授、山形大学講師、上越教育大学講師、筑波大学教授、筑波大学助教、常磐大学助教、郡山女子大学講師、東邦大学理学部准教授、東洋大学講師、千葉大学教授、千葉大学助教、山梨大学教授、愛知教育大学助教、静岡大学教授、静岡大学准教授、鹿児島大学准教授、他。

博士学位取得者

(1) 課程博士(課程博士規準)

氏名 研究テーマ 取得年 指導教員
韓仁玉 韓国の中学校化学カリキュラムに関する研究 1993 能田伸彦
丹沢哲郎 アメリカのBSCSカリキュラムの変遷過程の研究―STSカリキュラムにおける科学的リテラシー概念を基礎にして― 1996 能田伸彦
山本容子 生物教育における環境倫理の視点を導入した環境教育の研究―ディープ・エコロジーの視点を中心として― 2013 大髙泉

(2) 論文博士

氏名 研究テーマ 取得年 指導教員
高野恒雄 理科における観察の機能に関する実験的研究 1985 長谷川栄
大髙泉 ヴァーゲンシャイン科学教育論研究―範例的・発生的科学教授論の特質と重点移行― 1997 長谷川栄
片平克弘 粒子理論の教授学習過程の構成と展開に関する研究 ―構成主義に基づく理科教授の構想と実践― 2012 大髙泉
稲田結美 理科教育における女子の学習促進のための授業構成に関する研究 2014 大髙泉

在校生の声

本研究室では、各々の院生が各自独立したテーマで研究に取り組んでいます。それぞれのテーマは、現在、理科教育に内包されている本質的な問題です。先生方のご指導は、毎週のゼミのなかだけではなく、日々の交流のなかでも行われます。毎週のゼミを通しては、主に各自の研究テーマについて、中核的な点は勿論のこと、その周辺的内容についての見識も深めることができます。また、日々の交流を通じては、研究者として、大学人として必要な姿勢や態度、立ち居振る舞いについて多くのことを学ぶことができます。このように大学院生活全体を通して全人的な教育が受けられるのも伝統ある本研究室ならではではないでしょうか。
互いに切磋琢磨しあう院生同士との交流、系統的に収集された豊富な資料、そして昼夜を問わずご指導いただける先生方。ここは理科教育学を学問として真剣に考えることのできる国内最高水準の場所であると言えるでしょう。
(泉直志、3年)

OB・OGの声

博士課程進学時に東京教育大から筑波大に移った。あの頃はひどい環境であった。自然環境も人為環境もである。筑波大学内で3度も研究室の引越しがあった。それが今はどうだろう。緑と水に恵まれた広大なキャンパスだけでも、若者が勉学にいそしむに相応しい。そして筑波大の良さは、何よりも文献資料の豊富さ、第一級の指導陣、教育学全体の相互交流などが指摘できる。私が、多少なりとも教育学全体を知っていると自負できるのも、こうした筑波大の特色のおかげである。「教育 大変な時代」に、ひたむきな情熱を教育学研究に傾けようとする青年に対して、心からなるエールを送りたい。(鶴岡義彦、千葉大学教授)