社会科教育学

専門研究領域の沿革


筑波大学の社会科教育学分野は、戦後いち早く全国に先駆けて設けられた研究分野であり、広島大学と並んで最も伝統のある研究室である。東京教育大学では、教育学科の学生のための社会科教育特講・演習なども開講されるようになり、社会科教育学研究室は名実共に整備されることとなった。東京教育大学発足以来、本部を社会科教育学研究室に置き日本社会科教育学会の運営、発展に大きく寄与した。筑波大学の社会科教育学の基礎は、東京教育大学時代から引き継いでいる。

在校生とその研究テーマ

  • 3年:小林岳人、地図学習とオリエンテーリング
  • 3年:華井裕隆、公民科において育成すべき政策的思考の研究
  • 3年:久保園梓、「子ども・若者の声」の育成を目指す市民性教育研究
  • 3年:得居千照、学校教育における哲学対話に関する研究
  • 2年:Yang JaYeon、地理学習者理解を促す「地理学習スタイル」診断道具の開発研究
  • 2年:大脇和志、小学校社会科政治教育における子どもの政治意識の形成過程の研究
  • 2年:早瀬博典、アメリカ社会科における「物語」学習の理論と実践に関する研究
  • 1年:前嶋匠、「構造的暴力」の視点に立った公民科教材の開発原理とその評価-公害と原発事故の授業実践を通して-
  • 1年:須賀忠芳、「観光歴史教育論」の理論と実践の構築―観光のまなざしからみる歴史教育の射程―

入学者出身大学と勤務先

(1) 入学者出身大学:上越教育大学大学院、筑波大学大学院教育研究科、東京学芸大学大学院教育学研究科、東洋大学文学部、新潟大学教育学部、愛知教育大学大学院教育研究科、埼玉大学教育学部、慶應義塾大学文学部、梨花女子大学校大学院、高麗大学校大学院、茨城大学教育学部、一橋大学社会学部、秋田大学教育文化学部、福岡教育大学教育学部、中央大学法学部、鳥取大学地域学部、筑波大学教育学類・人文学類他。
(2) 勤務先・職:秋田大学教授、茨城大学教授、宇都宮大学教授、信州大学教授、埼玉大学教授、静岡大学教授・准教授、中央大学教授、筑波大学教授、筑波大学准教授、東京学芸大学教授、新潟大学教授、三重大学教授、宮城教育大学教授、早稲田大学教授、明治学院大学准教授、鹿児島女子短大准教授、東京福祉大学准教授、麗澤大学准教授、北海道教育大学教授・准教授、東北学院大学准教授、群馬大学准教授、東海大学講師、釜山教育大学校准教授、高崎経済大学准教授、信州大学准教授、常磐大学准教授、常葉大学准教授、名古屋学院大学准教授、白百合女子大学講師、他。

博士学位取得者

(1) 課程博士(課程博士規準)

氏名 研究テーマ 取得年
南景煕 日本の社会科における消費者教育に関する研究―「消費者主義」に基づく消費者意思決定学習の構想― 1993
李明煕 コリングウッド歴史哲学に基づく「追体験的歴史学習」理論の構成 1997
井門正美 社会科における役割体験学習論の構想 1998
外池智 昭和初期における郷土教育の施策と実践に関する研究―「綜合郷土研究」編纂の師範学校を事例として― 1999
Hla Hla Win A Modification on the Curriculum Development of Myanmar’s Geography Education: Focusing on Japan and Myanmar’s Junior High School Level
(ミャンマーの地理教育に関するカリキュラム開発研究-日本とミャンマーの中学校レベルを中心に-)
2000
Cho Cho Myint Economic Knowledge,Skills,and Attitudes of High School Students : Comparative Study between Myanmar and Japan
(高校生の経済的知識、技能、態度に関する研究:日本とミャンマーの比較を通して)
2001
國分麻里 植民地期朝鮮の普通学校における「朝鮮事歴」の研究―郷土史教授の視点から― 2008
金玹辰 「地理的探求に基づく学習」を促す地理カリキュラムの構成に関する研究―米国・英国・豪州の比較を中心に― 2010
内山知一 米国「国際教育」の構造に関する研究―社会運動論の分析視間を用いて― 2012
梁炳逸 景観の意味づけにおける地理的思考に関する研究 2012
篠﨑正典 長野県師範学校男子部附属小学校における社会科学習指導の確立過程に関する研究-「児童研究」の役割に焦点を当てて- 2017
呂光暁 小学校社会科における経済的思考の育成-素朴理論から科学的理論へ- 2017
村井大介 公民科教師のライフストーリー研究―教科観の形成要因の分析から教科への希望を構成する― 2018

 

(2) 論文博士

氏名 研究テーマ 取得年
横山十四男 義民伝承の研究 1984
谷川彰英 柳田国男における教育思想形成と社会科教育論の展開 1996
阪上順夫 現代における政治教育の研究 1999
朝倉隆太郎 中学校の校歌にうたわれている山地に関する地理教育学的研究 2000
唐木清志 アメリカ公民教育におけるサービスラーニングに関する研究―社会参加の視点から― 2007
川﨑誠司 多文化社会における「エクイティ教授」論に関する研究―アメリカの多文化教育実践を手がかりに― 2009
桐谷正信 アメリカにおける多文化的歴史カリキュラムに関する研究―「新しい社会史」論を手がかりとして― 2010

在校生の声

社会科教育学研究室では、各院生が自ら関心のあるテーマを見つけて、研究していく精神が貫かれています。研究に関する自由が最大限に尊重されますが、だからこそ自分の研究に対する「自信」がなかなか持てず、たまに研究を進める「勇気」が持続しないこともあります。そのような時は、指導教員の方々に自分の研究の意義および研究内容や方法について徹底的に検討してもらうことで、研究を再認識し、再び前進するエネルギーを得ています。現在、四人の先生から一度に研究指導を受ける「総合指導」、各教員が担当するゼミや授業、総合指導後の院生同士で行う勉強会を中心に研究活動を進めています。学内の研究活動とともに、野外調査を実施したり、学会・研究会等に参加したりして力を蓄え、全体的な研究水準の向上を目指しています。また、OB・OGなどさまざまな先輩方とのつながりの中で研究に取り組めることも、本研究室の大きな魅力です。

OB・OGの声

院生時代は、研究分野に関する最新の情報を集め、今後の動向を予想しながら、その一方で不易なことや一般性、その汎用性を追究し、理論と実践を往還させることが求められていました。多くの先生方のご指導や院生の方々からの指摘をふまえ、何度も自分の研究を見直す、ゴールのない作業を繰り返していたように思えます。自分の研究に向き合い、深めることは、精神的に厳しいものですが、得られることは大きいと信じています。
本学で学んだことは自分の研究を深めることだけではありません。研究のイロハについて学び、自らの人生を振り返る、自らの在り方生き方を考えるよい機会となりました。現在は、その経験を仕事に活かそうと取り組んでいます。また、院生時代における研鑽は、研究の質を高めるだけでなく、自分の研究に自信と責任をもち、仕事を行っていく上で不可欠であると実感するようになりました。
これまでの自分の研究をさらに一歩進めてみたい方、先生方の研究室をたずねてみてはいかがですか。

(名古屋学院大学 國原幸一朗)