Home > 教育学学位プログラム(前期)

教育学学位プログラム(前期)

教育学学位プログラム(前期)のお知らせすべて見る

    該当の記事はありません

2020年度教育学学位プログラム(前期)の紹介

教育学学位プログラムリーダー

井田 仁康

 教育学学位プログラムは、筑波大学大学院人間総合科学学術院の中の学位プログラムとして、2020(令和2)年4月からスタートしました。教育学学位プログラムは、前期と後期とにわかれますが、前期は旧組織での人間総合科学研究科教育学専攻と教育研究科が統合され、後期は教育基礎学専攻と学校教育学専攻とが統合された、いずれも新しい組織となります。  本学位プログラムは、1872年(明治5年)に設立した師範学校の系譜をもち、東京教育大学を経て研究型総合大学である筑波大学へと続く、伝統と革新とが折り合わさった、古くも新しい学位プログラムです

教育学学位プログラム(前期)の人材養成目的

 人間の営みと社会の発展に対して教育がもつ意義と役割を体系的に理解し、地球的規模の広がりをもつ現代の教育課題を鋭敏に捉え、教育学諸分野の学術的アプローチを用いて分析する基礎的研究能力を有し、多様な教育現場において卓越した専門的知見をもって課題解決をリードすることのできる研究力のある高度専門職業人を養成することを目的とします。

育成する人材像に応じた3つのサブプログラムを設置


 

国際教育サブプログラム

 国際教育に関する研究と学習を行い、修士の学位を取得するとともに、国際バカロレア教員資格(IB educator certifi-cates)を取得できるプログラムです。教育における新しい理論と実践を理解し、国際教育に関する諸課題を研究する能力を修得することを通して、国際的視野をもった探究者を育成することを目的とします。国際教育の分野を牽引する教員及び研究者として、またグローバル化する社会におけるリーダーとして幅広く活躍できる人材を育成します。

次世代学校教育創成サブプログラム

 「一つ先」の時代の学校教育のあり方、その社会との連関のあり方等について、多面的に、また根源的に考え、次世代の学校教育を創成することのできる人材の養成を目指す教育プログラムです。換言すれば、現代社会におけるさまざまな教育課題に対処しうる高度な専門性を有し、グローバルな視野と優れた教育実践力とともに、教職への情熱と使命感を持ち、リーダーシップを備えた高度専門職業人、これからの時代における新しい学校教育を創成することのできる人材を育成することを目的としています。

教育基礎科学サブプログラム

 国内外の大学や研究機関等において教育学諸分野の教育・研究に従事し、各分野の研究を牽引する研究者を養成することを目的に掲げています。教育学の幅広い高度な知識と能力を修得するとともに、教育学の理論と実践とを統合したカリキュラムと教授法の下で、教育の本質と現実的課題を問い続ける研究姿勢と基本的な研究方法、時代の要請に応える実践力を身につけた教育学研究者の育成を目指します。

教育学学位プログラム(前期)で開設する科目(※1)は、学校種・教科等の教育職員専修免許状に対応する科目として設置しています。※1 一部の科目を除きます。