Home > 教育学域

教育学域

教育学系から教育学域へ

 筑波大学は、その誕生と同時に、教員の研究組織の名称を「学系」とし、筑波大学教育学系は、1975(昭和50)年4月、第二学群人間学類・教育研究科(修士課程)・教育学研究科(博士課程)等に関係する教員の研究組織として誕生しました。当初は、(1)教育基礎学、(2)教育環境学(または教育社会学)、(3)教育経営学、(4)教育方法学、(5)応用教育学(後の教科教育学)の5つの領域より構成されていました。

 教育学系は、このような構造に基づきながら、「社会的・人間的現象としての教育の事実・問題の統合的認識、その発展の法則性の解明、教育政策・教育実践の基礎条件を追究する」ことを目指して構想されました。そのため、教育学系の設置計画は、それまでの東京教育大学教育学部教育学科における13講座を基礎としながらも、新たな教育学研究領域への発展拡大への萌芽を含むものでした。

 この計画は、その後若干の修正が加えられながら、特に教育学研究科と密接な関係を保ちつつ、2004(平成16)年4月の法人化まで、ほぼこれに沿った形で発展してきました。

 2004(平成16)年4月、筑波大学は国立大学法人として新たなスタートを切りました。この際、すべての教員は新たな部局としての博士課程研究科に所属することになりました。しかし、全学的に学系という研究組織は存続し、従来通り、上記の各領域等における教員は教育学系に所属することになりました。特に人間総合科学研究科では他の研究科と異なり、各専攻に所属しない教員が多かったため、学系の機能(企画・評価・人事審査等)は従来通り保持されることになりました。

 こうした伝統と実績を誇る教育学系は、平成23年10月1日をもって新しい研究組織「人間系教育学域」へと改組されました。教育組織と研究組織の対応に考慮しつつ、研究活動をよりダイナミックに展開できるよう、全学的に教員の研究組織は「系」の名称で再編され、これまでの教育学系・心理学系・障害科学系が統合されて「人間系」が誕生しました。このため、教育学系教員は「人間系」に所属することになりましたが、これまでの伝統や教育組織との関係もあり、人間系には教育学・心理学・障害科学の3学系に対応するかたちで「学域」という内部組織が設けられました。教育学域は、人間系を構成するこの3学域のひとつとして、教育と研究活動の推進に向けて新たな出発を切りました。

教育学域の構成

 教育学域に関連する組織は、「大学院・博士課程」「大学院・修士課程」「学類」「センター等」「附属学校」の5つの領域に分類することができます。

 教育学域の構成員は、これらの関連組織のいずれかに所属し、研究・教育等に日々努力しています。