Home > タスタンベコワ・クアニシ

タスタンベコワ・クアニシ

たすたんべこわ くあにし / Tastanbekova Kuanysh

教員一覧に戻る

役職助教
専門研究領域比較・国際教育学
取得学位博士 (教育学) 筑波大学
E-maileducation-kuanysh26 [_] human.tsukuba.ac.jp
冒頭の「education-」を削除し、[_] を半角アットマークに置換してお使いください。
個人ホームページhttp://tsukuba.academia.edu/KuanyshTastanbekova

経歴

カザフスタン共和国出身
2003年 カザフ国立国際関係外国語大学東洋言語学部日本語学科卒業
(大学在学中2001年10月~2002年9月 日本語・日本文化研修生(国費外国人留学生)として筑波大学留学(日本語・日本文化学類))
2004年 国費外国人留学生(研究留学生)として筑波大学に来学
2005年 筑波大学人間総合科学研究科教育学専攻一貫制博士課程入学
2012年 筑波大学人間総合科学研究科教育基礎学専攻博士後期課程修了・博士号(教育学)取得
2013年 筑波大学人間系・教育学域 助教

研究分野

比較・国際教育学、言語教育政策、移民教育政策、シティズンシップ教育、旧ソ連(ロシア、中央アジア等)教育政策

研究テーマの概要

大学院時代から関心を持っており、深く研究している分野は言語教育政策である。その中で特に、マイノリティ(少数民族・(労働)移民)の言語権利のありかたを追究することを目的としており、多言語教育政策における母語教育保障の可能性と限界性を明らかにすることを課題としている。最近の研究関心は旧ソ連諸国の教育改革における国際機関の援助と教育の「借用・貸与」理論である。

主要著書・論文

著書
Kuanysh Tastanbekova: "Student Engagement in Quality Assurance in Higher Education in Kazakhstan: Ambiguous Forms and Invisible Procedures" in Masahiro Tanaka (ed) Student Engagement and Quality Assurance in Higher Education. International Collaborations for the Enhancement of Leaning. 1st Edition, London: Routledge, pp. 109-123, 2019
Tastanbekova Kuanysh: “Post-Soviet legacies in girls’ education in Kazakhstan and Uzbekistan” in Ildiko Azstalos Morell and Yulia Gradskova (eds) Gendering Post-Socialism: Old Legacies and New Hierarchies, Routledge, pp.172-192, 2018
タスタンベコワ・クアニシ: 「少数民族の母語教育保障のパラドックス―カザフスタン―」、『中央アジアの教育とグローバリズム』(嶺井明子・川野辺敏編)、東信堂、136-146(頁)、2012年
タスタンベコワ・クアニシ: 「カザフスタン―政府機関とNGOが目指す『よき市民』」、『世界のシティズンシップ教育―グローバル時代の国民教育/市民育成』(嶺井明子編)、東信堂、134-145(頁)、2008年

学術論文
Tastanbekova Kuanysh: “Teacher Education Reforms in Kazakhstan: Trends and Issues”, University of Tsukuba Bulletin of Institute of Education(教育学系論集)Vol.42. Issue 2, pp.87-97,2018
タスタンベコワ・クアニシ:「カザフスタン文字改革―カザフ語のキリル文字表記からラテン文字表記へー」、『ユーラシア研究』第58号、20~25(頁)、2018年
タスタンベコワ・クアニシ:「カザフスタンの少数民族教育政策に関する一考察ー教育スタンダードにおける言語教育比重の分析を通してー」、『筑波教育学研究』第13号、39-57(頁)、2015年
タスタンベコワ・クアニシ:「カザフスタンの言語教育政策に関する一考察―在外帰還カザフ人(オラルマン)の言語問題に着眼して―」、『教育学論集』第6号、83-103(頁)、2010年
タスタンベコワ・クアニシ:「カザフスタンの多言語教育政策に関する一考察―『言語の三位一体政策』に焦点を当てて―」、『比較教育学研究』第41号、117-137(頁)、2010年
タスタンベコワ・クアニシ:「カザフスタンにおける言語教育政策の課題―ロシア語優位社会におけるカザフ語中心主義の行方―」、『比較教育学研究』第35号、33-48(頁)、2007年

所属学会、その他の研究活動

日本比較教育学会
日本教育制度学会
国際理解教育学会
日本中央アジア学会
ロシア・旧ソ連教育研究会(NIKORS)

担当授業

教育学類:Introduction to International Education Policy (国際教育政策概論)、比較教育文化論、比較教育文化実習、国際教育論、教育の社会・経営・制度、教育学研究法IV
教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻:国際教育論
教育学専攻:比較・国際教育学演習
教育基礎学専攻:比較・国際教育学研究法

教員一覧に戻る