Home > 徳永智子

徳永智子

とくなが ともこ / Tomoko Tokunaga

教員一覧に戻る

役職助教
専門研究領域教育社会学・教育人類学
取得学位博士(教育学)
E-maileducation-tomokot [_] human.tsukuba.ac.jp
冒頭の「education-」を削除し、[_] を半角アットマークに置換してお使いください。
個人ホームページhttps://researchmap.jp/t_toku/

経歴

筑波大学第三学群国際総合学類卒業、東京大学大学院教育学研究科総合教育科学専攻修士課程修了、同大学院教育学研究科博士後期課程満期退学、米国メリーランド大学カレッジパーク校より博士号(教育学)取得。日本学術振興会特別研究員(PD)、慶應義塾大学国際センター特任講師、群馬県立女子大学国際コミュニケーション学部講師を経て、2019年4月より現職。

研究分野

移民と教育、マイノリティの教育支援、越境と多文化共生、エスノグラフィー

研究テーマの概要

グローバル社会を生きる移民の子ども・若者のアイデンティティやホーム/居場所について研究しています。特に、10代の移民女性を対象とした長期のフィールドワークを行い、彼女たちがどのように複数の国・文化・言語のはざまを生きているのかを考察しています。最近は、日本とアメリカで移民の若者の居場所づくりやエンパワメントの研究・実践を行い、参加型アクションリサーチ(PAR)の考え方に基づいた研究のあり方を模索しています。

主要著書・論文

Tokunaga, T. (2018) Learning to Belong in the World: An Ethnography of Asian American Girls. Singapore: Springer.
Yonezawa, A., Kitamura, Y., Yamamoto, B. & Tokunaga, T. (Eds) (2018) Japanese Education in a Global Age: Sociological Reflections and Future Directions. Singapore: Springer.
徳永智子・井本由紀(2017)「多文化クラスにおけるチーム・エスノグラフィーの教育実践」『異文化間教育』、46号、pp47-62.
Tokunaga, T. (2016) ‘We Dominate the Basement!’: How Asian American Girls Construct a Borderland Community. International Journal of Qualitative Studies in Education, 29(9), pp1086-1099.
徳永智子(2014)「国境を越える想像上の『ホーム』:アジア系アメリカ人の女子生徒によるメディア/ポピュラーカルチャーの消費に着目して」『異文化間教育』、40号、pp70-84.
Tokunaga, T. (2011) ‘I’m Not Going to Be in Japan Forever’: How Filipina Immigrant Youth in Japan Construct the Meaning of Home. Ethnography and Education, 6(2), pp179-193.

所属学会、その他の研究活動

日本教育社会学会、異文化間教育学会、日本比較教育学会、日本教育学会、Comparative and International Educational Society、American Educational Studies Association、American Anthropological Association、Association for Asian Studies

担当授業

人間学群教育学類:教育社会学I、教育社会学探求I、教育学研究法Ⅱ
教育研究科(修士課程):学校の社会学
教育学専攻(博士前期課程):教育社会学演習、教育学セミナーⅣ
ヒューマン・ケア科学専攻(博士後期課程):共生社会学演習、共生教育学演習、ヒューマン・ケア科学方法論Ⅰ
全学教職課程:教育社会学概論

教員一覧に戻る