Home > 礒田正美

礒田正美

いそだ まさみ / Masami Isoda

教員一覧に戻る

役職教授
専門研究領域数学教育学
取得学位博士(教育学), h.c.PhD (数学教育学)
E-maileducation-isoda [_] criced.tsukuba.ac.jp
冒頭の「education-」を削除し、[_] を半角アットマークに置換してお使いください。
個人ホームページhttp://math-info.criced.tsukuba.ac.jp/

経歴

筑波大学大学院修士課程教育研究科修了、埼玉県立狭山高等学校教諭、筑波大学附属駒場中・高等学校教諭、北海道教育大学教育学部講師・助教授、筑波大学教育学系講師/助教授・人間総合科学研究科助教授/准教授・人間系准教授経て現職。その間、コーネル大学・メルボルン大学・グルノーブル大学・コンケン大学にて在外研究並びに名古屋大学等にて非常勤講師に従事。また、文部科学大臣賞、日本書籍出版協会理事長賞、コンケン大学名誉博士(同時授与者:ミズーリ大学学長)を授与され、Best Faculty Memberとして筑波大学学長表彰を受ける。現在、筑波大学教育開発国際協力研究センターに所属し、APEC、ASEAN地域の教育改革に従事している。

研究分野

数学教育学、中でも教材開発、学習指導法開発などの開発的研究を専門としている。その専門性を基盤に、我が国の教育研究機関、筑波大学及び同附属学校が、国際社会において先導的役割を担い、国際的プレゼンスをなお一層確保しえるような研究開発に従事している。

研究テーマの概要

① 国際学術共同研究「授業研究による算数・数学教育の革新」:APEC授業研究プロジェクトの代表として国際共同研究を先導し、これまで英文学術書籍5冊、スペイン語学術書籍4冊、タイ語書籍2冊、ロシア語学術書籍1冊を編者として刊行した。これらは海外の数学教育研究で参照されている。また、日本の算数教育海外移転に係る開発研究では、英語教科書12冊、スペイン語教科書・指導資料13冊、タイ語教科書・指導資料17冊を刊行した。特に教科書等は、現在、メキシコ、チリ、タイの教員養成大学・学部並びに研究開発校で利用されている。

http://www.tsukuba.ac.jp/topics/20120601095248.html

http://www.criced.tsukuba.ac.jp/renkei/msa/

② 数学史にかかる教材開発:数学史原典解釈を基盤にした研究をもとに、「曲線の事典:性質、歴史、作図法」を刊行し、日本書籍出版協会理事長賞を受賞している。

http://math-info.criced.tsukuba.ac.jp/museum/MathematicalInstruments/encyclopedia_of_curve/index.html

http://www.tsukuba.ac.jp/update/awards/20100607175943.html

③ 学習指導法の開発研究:小学校・中学校・高等学校段階での「概念的知識・手続き的知識」「問題設定」「問題解決」「探求」に係る学習指導理論を構築し、その指導事例を蓄積し、和書21冊を刊行している。

④ 教材開発の理論的研究:解釈学と数学化、思考水準を基盤に、教育課程開発の一般理論を構築している。

⑤ テクノロジ利用の研究:教室におけるテクノロジ利用、電子教科書開発などの先導的な研究を推進しており、文部科学大臣賞を受賞している。

http://www.tsukuba.ac.jp/update/awards/20100609100018.html

http://math-info.criced.tsukuba.ac.jp/museum/dbook_site/

主要著書・論文

Isoda, M., Katagiri, S. (2012). Mathematical Thinking: How to develop it in the Classroom. NJ: World Scientific.
礒田正美,Maria G. Bartolini Bussi編(2009).曲線の事典:性質、歴史、作図法.東京:共立出版.
Arcavi,A.,Isoda, M.(2007). Learning to Listen:from historical sources to classroom practice. Educational Studies in Mathematics 66(2). 111-129.
他、詳細は以下を参照。
http://www.trios.tsukuba.ac.jp/Profiles/0006/0000997/books1.html
http://www.trios.tsukuba.ac.jp/Profiles/0006/0000997/theses1.html

所属学会、その他の研究活動

国際共同研究:◆アジア太平洋経済協力(APEC)授業研究プロジェクト21カ国代表(2006-)
国際学会:◆国際数学史・数学教授学学会(HPM)(理事:2002-)/◆世界授業研究学会(WALS)(理事:2011-)/ ◆数学技術アジア国際学会(ATCM)(理事:1998-)/ ◆Coloquio de Historia
e Tecnologia no Ensino da Matematica(顧問:2008-)/ ◆東アジア数学教育国際会議(EARCOME)(顧問:2011-)
国内学会:◆日本数学教育学会常任理事(現出版部長、前編集部長、元渉外部副部長:2005-)/
◆数学教育学会理事(国際部長)(2009-)
以上は2014年7月現在の役職. その他、過年度分などは、以下を参照。
http://www.trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000001461

担当授業

学群:数学科教育概論、地域・国際教育原論、教育学研究法III、授業づくり実践演習、大学院:数学教育教材開発論、数学教育特別研究Ⅰ、数学教育学研究法Ⅱ、数学教育学演習、数学教育特別研究Ⅱ、数学教育特別研究Ⅲ、数学教育特別研究Ⅲ演習、学校教育学演習

教員一覧に戻る