Home > 飯田浩之

飯田浩之

いいだ ひろゆき / Hiroyuki Iida

教員一覧に戻る

役職准教授
専門研究領域教育社会学
取得学位教育学修士
E-maileducation-hiroiida [_] human.tsukuba.ac.jp
冒頭の「education-」を削除し、[_] を半角アットマークに置換してお使いください。
個人ホームページ

経歴

1982年、筑波大学大学院博士課程教育学研究科単位取得退学。筑波大学準研究員・助手、山形大学講師、筑波大学講師を経て、現在に至る。

研究分野

教育社会学、高等学校・高校教育・高校生の社会学、博物館の社会学、地域における子育て支援の社会学、子ども・青少年の意識や行動についての調査研究、社会調査法

研究テーマの概要

1)高等学校・高校教育・高校生の社会学:高等学校とそこでの教育、さらには生徒たちのつくり出す生徒文化が、生徒の学校関与にどのように関係するかを研究している。特に、高等学校・高校教育の改革に焦点を合わせ、改革の動向を、上記の視点からトレースする研究を行っている。

2)博物館の社会学:日本の博物館全体の構造と動態、経営と活動の現状を、社会調査の方法でもって把握する研究を行っている。

3)地域における子育て支援の社会学:地域において実際に子育て支援ネットワークの構築・運営に関わりつつ、ネットワークが形成され、変容していく過程を解明する研究-アクション・リサーチ-を行っている。

4)子ども・青少年の意識や行動についての調査研究:子どもや青少年の意識や行動に見られる今日的は特徴を把握し、その背景や意味を探る調査研究を行っている。

主要著書・論文

『多様化と個性化の潮流をさぐる-高校教育改革の比較教育社会学-』(共著・学事出版・1996年)
『高等学校の社会史-新制高校の<予期せぬ帰結>-』(共編著・東信堂・1992年)
「教育社会学における子育て・子育て支援に関わる最近の研究動向」(共著)『筑波教育学研究』第8号(2010年)
「博物館をめぐる最近の動向-「博物館総合調査」過去3年間の時系列比較-」『博物館研究』第45巻第2号(2010年)
「中等教育の格差に挑む-高等学校の学校格差をめぐって-」『教育社会学研究』第80集(2007年)
「地域における子育て支援ネットワークの構築-リソースとサービスの視点から-」(共著)『筑波教育学研究』第4号(2006年)
「高校改革と学校に対する生徒の関与-Y高等学校総合学科,設置後3年間の追跡調査をもとに-」『子ども社会研究』7号(2001年)

所属学会、その他の研究活動

日本教育社会学会、日本子ども社会学会、日本教育学会、日本高校教育学会、日本博物館協会、社会調査協会、筑波大学教育学会

担当授業

人間学群:教育社会学Ⅰ、教育社会学探求Ⅰ、教育学研究法Ⅱ
学芸員課程:博物館教育基礎論
総合科目:ヒューマン・ケア科学への招待2
教育研究科(修士課程):現代青年論、スクールリーダー実践研究、スクールリーダー特別研究、学習・生活支援コーディネータ実践研究、生活支援コーディネータ特別研究
教育学専攻(博士前期課程):教育社会学演習、共生教育学演習
ヒューマン・ケア科学専攻(博士後期課程):教育社会学演習、教育社会学特別研究、共生教育学演習、ヒューマン・ケア科学方法論Ⅰ

教員一覧に戻る