趙 成河 ちょう そんは Cho Sungha

職名 特任助教
メールアドレス sungha@human.tsukuba.ac.jp
HPアドレス
学位 博士
領域 障害科学
専門分野 特別支援教育、応用行動分析学
学群担当 人間学群障害科学類
大学院(主担当)
大学院(副担当)
研究テーマ

自閉スペクトラム症に対する応用行動分析的アプローチ
場面緘黙に対する応用行動分析的アプローチ
韓国の乳幼児教育

主要業績

<査読付学術雑誌論文>

  • 趙 成河・河内山冴・園山繁樹(2019)場面緘黙を示す幼児に対するクリニック型行動的介入の初期段階における刺激フェイディング法及び随伴性マネジメントの適用. 障害科学研究, 43(1), 183-192.
  • 趙 成河・園山繁樹(2018)選択性緘黙の有病率に関する文献的検討. 障害科学研究, 42, 227-236.
  • 趙 成河・園山繁樹(2018)自閉スペクトラム症児の偏食に対する食物同時提示法の適用. 自閉症スペクトラム研究, 15(2), 37-50.
  • 任 龍在・趙 成河(2017)韓国における障害乳幼児教育の現状と課題. 発達障害研究, 39(4), 349-356.
  • Cho Sungha and Sonoyama Shigeki(2017)Parent-Implemented Liquid Fading to Establish Milk Consumption in a Child With Autism Spectrum Disorder. Journal of Special Educational Research, 6(1), 45-53.
  • 園山繁樹・趙 成河・倉光晃子(2017)特別支援学校の不登校に関する予備的検討. 障害科学研究, 41(1), 173-182.
  • 園山繁樹・趙 成河(2017)わが国における特別支援教育の展開-学校基本調査結果に基づく量的分析-. 人間と文化, 1(1), 117-124.
  • Cho Sungha, Nooraniza Hayati Binti Mohd Noor and Sonoyama Shigeki(2017)A Review of Activity Schedules for Individuals With Autism Spectrum Disorder. Journal of Special Educational Research, 5(2), 65-76.
  • 鈴木祥隆・前川久樹・趙 成河(2015)ドイツ・バイエルン州における聴覚障害教育. 聴覚言語障害, 43(2), 105-111.

<査読無学術雑誌論文>

  • 松下浩之・佐藤久美・趙 成河・奥村真衣子・酒井貴庸・下山真衣・園山繁樹(2018)カナダにおける選択性緘黙に対する治療アプローチ-McMaster Children’s Hospitalの視察を通して-. 山梨障害児教育学研究紀要, 106-129.

<翻訳書>

  • Seungchul Kwak, Jina Noh, Sungha Cho, Youngmo Yang:『자폐성아동을 위한 활동스케줄(自閉性障害児童のための活動スケジュール)』、Sigma Press、97~171頁、2017年。分担訳。(英語➝韓国語)
  • 園山繁樹(監訳)、奥村真衣子、佐藤久美、酒井貴庸、雨貝太郎、海老原朱美、藤原あや、趙 成河:『場面緘黙の子どもの治療マニュアル-統合的行動アプローチ』、二瓶社、119~114頁、2018年。分担訳。(英語➝日本語)

<国際学会発表>
[査読有り]

  • Sungha CHO and Shigeki SONOYAMA, “A case study of liquid fading to establish milk consumption in a child with autism spectrum disorders in a home setting”, The 8th International Conference of the Association for Behavior Analysis International, #69-68, Kyoto, Japan, September 2015.
  • Sungha CHO and Shigeki SONOYAMA, “Effects of using an activity schedule for children with autism spectrum disorders”, The 41st Annual Convention of the Association for Behavior Analysis International, #360-54, San Antonio, Texas, U.S.A., May 2015.
  • Sungha CHO and Shigeki SONOYAMA, “A case study on intervention for food selectivity base on simultaneous presentation for a child with autistic disorder”, The 39th Annual Convention of the Association for Behavior Analysis International, #88-95, Minneapolis, Minnesota, U.S.A., May 2013.

[査読無し] 

  • Sunnah CHO  and Shigeki SONOYAMA, “A case Study of using activity schedules with a non-verbal child with autism”, The 22nd Conference of the Korea Society for the Emotional and behavioral Disorders, #2, Daegu, Republic of Korea, November 2014.
所属学会

日本特殊教育学会会員
日本行動分析学会会員
Association for Behavior Analysis International Member
日本自閉症スペクトラム学会会員
日本発達障害学会会員
障害科学学会会員

社会的活動

日本特殊教育学会研究委員会幹事(2018年度~現在)
障害科学学会編集幹事(2018年度~現在)
障害科学学会研究奨励賞(2019年3月2日)

関連リンク