佐々木 銀河 ささき ぎんが Sasaki Ginga

職名 准教授
メールアドレス sgalaxy@human.tsukuba.ac.jp
HPアドレス https://dac.tsukuba.ac.jp/radd/
学位 博士(障害科学)
領域 障害科学
専門分野 障害学生支援、発達障害、組織行動マネジメント、支援技術、児童福祉
学群担当
大学院(主担当)
大学院(副担当)
研究テーマ
  1. 高等教育機関に在籍する発達障害の診断や傾向のある学生への修学・キャリア支援
  2. 教育・福祉施設職員におけるPDCAサイクル確立に向けた組織行動マネジメント
  3. 知的・発達障害児者に対する支援技術(Assistive Technology)を用いた自立支援
主要業績
  • 佐々木銀河・田原敬・五味洋一・青木真純・宮内久絵・岡崎慎治・野呂文行・竹田一則(2018)オーストラリアの大学における固有の必要条件の調査―障害学生に対する合理的配慮の提供プロセスの明確化に向けて―.特殊教育学研究,56(3),157-168.
  • 佐々木銀河・青木真純・五味洋一・竹田一則(2018)発達障害学生支援における学生自身による効果評価の試み.障害科学研究,42,247-256.
  • Sasaki, G. & Noro, F. (2017) Promoting verbal reports and action plans by staff during monthly meetings in a Japanese residential home. Behavioral Interventions, 32(4), 445-452.
  • Sasaki, G. & Noro, F. (2017) A plan, do, check, act cycle of support for children in residential care: A staff management intervention. Journal of Special Education Research, 6(1), 11-23.
  • 佐々木銀河・青木真純・五味洋一・野呂文行(2017)自閉スペクトラム症のある大学生における自主学習の促進:行動契約法を用いた学習に対する動機づけの向上.障害科学研究,41,221-230.
  • 佐々木銀河・酒井貴庸・杉中拓央・宮本信也・野呂文行(2016)児童養護施設における自立支援計画の全国実態調査:日常生活支援への適用に向けて.子どもの虐待とネグレクト,18(1),81-92.
  • 佐々木銀河・施燕秋・野呂文行(2016)知的障害を伴う広汎性発達障害児における箸操作のスキル般化に及ぼす身体的ガイドフェイディングの効果.障害科学研究,40,43-53.
  • 佐々木銀河・奥村真衣子・野呂文行・園山繁樹(2015)自閉スペクトラム児に対する自己記録を用いた攻撃行動・自傷行動の低減:ルール支配行動の枠組みによる教示内容の分析.自閉症スペクトラム研究,12(2),13-22.
  • 佐々木銀河・野呂文行(2014)児童養護施設職員および入所児に対する応用行動分析学的アプローチの効果:行動記録と機能的アセスメントに基づく支援を用いて.福祉心理学研究,11(1),37-47.
所属学会

国際行動分析学会
米国障害学生支援協議会
日本特殊教育学会
日本LD学会

社会的活動

筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター運営委員会 委員
日本特殊教育学会 総務幹事
全国高等教育障害学生支援協議会 大会実行委員
独立行政法人日本学生支援機構 紛争の防止・解決等事例集協力者会議 協力者

関連リンク

https://trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000003864