竹田 一則 たけだ かずのり Takeda Kazunori

職名 教授
メールアドレス takedak@human.tsukuba.ac.jp
HPアドレス
学位 博士(医学)
領域 小児科学
専門分野 障害児医学、小児アレルギー学、障害学生支援
学群担当 医学概論Ⅰ・Ⅱ、肢体不自由者の生理病理ほか
大学院(主担当) 障害科学(前期・後期) アクセシビリティーリーダー特論ほか
大学院(副担当)
研究テーマ
  • 大学における障害学生支援
  • 食物アレルギーの医学
  • 病弱小児(小児がん・アレルギー疾患など)の心理・教育支援
  • 重症障害児者の生理学的評価
主要業績
  • 竹田一則「第1章:総論 1はじめに 1.2日本の障害学生支援における現状と課題 1.3障害のある学生の修学支援に関する検討会報告(第二次まとめ)の概要と今後(pp.2-9)」, 竹田一則[編著]よくわかる! 大学における障害学生支援 こんなときどうする?, ジアース教育新社, 2018(H30).6.20
  • Yamaguchi M, Tezuka Y, Takeda K, Vivek Shetty:Disposable Collection Kit for Rapid and Reliable Collection of Saliva. American Journal of Human Biology, 27, 720-723, 2015
  • Yonekura T, Takeda K, Vivek Shetty, Yamaguchi M:Relationship between salivary cortisol and depression in adolescent survivors of a major natural disaster. Journal of Physiol Science, 64, 261-267, 2014
  • Fukasawa M, Shimomura Y, Takeda K:Evaluation of Stress Related to Invasive Medical Procedures in Children With Cancer using Salivary α-Amylase Activity. Journal of Special Education Research, 2(2), 53-61, 2014.2
  • Fukasawa M, Inoue Y, Takeda K:Evaluation of Stress Related to Medical Care in Schools for Special Needs Education Using a Salivary Biomarker in Students With Profound and Multiple Learning Disabilities.Journal of Special Education Research, 2(1), 11-16, 2013.8
  • 竹田一則『肢体不自由児,病弱・身体虚弱児教育のためのやさしい医学・生理学』ジアース教育新社, 2008(H20).3.31
  • Takeda K, Watanabe M, Onishi M, Yamaguchi M:Correlation of Salivary Amylase Activity with Eustress in Patients with Severe Motor and Intellectual Disabilities. The Japanese Journal of Special Education, 45(6), 447-457, 2008.3
  • Takeda K, Shibasaki M, Imoto N, Shimakura Y, Takita H:Comparison of basophil histamine release, eosinophil cationic protein and non-specific airway responsiveness between mite-sensitive asthmatic and non-asthmatic children and non-allergic controls.Clinical & Experimental Allergy 1996 Aug;26(8):918-925
  • Takeda K, Shibasaki M, Takita H: Relation between bronchial responsiveness to methacholine and levels of IgE antibody against Dermatophagoides farinaeand serum IgE in asthmatic children. Clinical & Experimental Allergy 1993 May;23(5): 450-454
所属学会

日本小児科学会
日本小児アレルギー学会
日本特殊教育学会 
ほか

社会的活動

2012-09 – 2012-12 内閣府「障害者政策委員会」専門委員

2014-03 – (現在) 独立行政法人日本学生支援機構「障害学生支援委員会」委員(委員長)

2016-04 – 2017-03文部科学省「障害のある学生の修学支援に関する検討会」委員 (座長)

2020-04 – 大学教育イノベーション日本幹事

2020-07 – 茨城県医師会学校医委員会委員

ほか

関連リンク

リサーチユニット
http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/archives/3590