人間学群とは

人間学群の歴史は、1872(明治5)年の師範学校開設に始まります。師範学校はその後、東京師範学校、高等師範学校、東京高等師範学校と名称を変え、日本の教育界に多くの優秀な人材を輩出してきました。1929(昭和4)年には高等師範学校を基礎に東京文理科大学が発足し、教育学と心理学の二つの専攻をもつ教育学科が設けられました。戦後、こうした歴史を引き継いだのが東京教育大学教育学部です。東京教育大学は、1960年代以降、日本の社会が大きく変化する中、さらに幅広い人材を生み出すべく総合大学としての筑波大学となり、教育学部は1975(昭和50)年発足の筑波大学第二学群人間学類、そして2007(平成19)年の改組を経て筑波大学人間学群へと発展し、今日に至っています。

人間学群は、教育学類、心理学類、障害科学類の三つの学類より構成されます。筑波大学でもっとも小さな学群ですが、小さいゆえのまとまりの良さを生かして、教員と学生が協力しながら理想的な学群教育のあり方を日々追究しています。人間学群の教育目標は、「現代社会が求めている人間についての深い理解と発達支援を行うことのできる人材を育成すること」にあります。この教育目標を達成するために、人間学群では、学類間の垣根を低くして、人間学群の学生が共通に履修する「学群共通科目(コアカリキュラム)」を設けています。そこには、教育学、心理学、障害科学の基礎を学ぶ「教育学 I・ II」、「心理学 I・ II」、「障害科学 I・ II」、卒業後の進路を考える「キャリアデザイン入門」と「キャリアデザイン自由研究」、教育の国際協力の実践を目指す「国際教育協力論」と「国際教育協力実習」、地域社会での社会的活動を通して人間について学ぶ「人間フィールドワーク I・ II・ III」などの授業科目が含まれています。このコアカリキュラムの中で、学生は三学類の基幹科目(教育学・心理学・障害科学)すべてを履修することができます。また、自分が所属する学類以外の学類の専門分野を積極的に学習できるように、学類間の共通理解が図られていることも人間学群の特徴の一つです。

人間学群に興味を持たれた皆さん、三つの学類のサイトを訪れてみてください。人間学群では学群教育を充実させるために、「サービス・ラーニング」という新たな取り組みにも挑戦しています。こちらのサイトも是非のぞいてみてください。いずれのサイトにも、みなさんの参考になる多くの情報があると思います。