人間学群の教育が目指すもの

筑波大学人間学群は、筑波大学の開学と同時に創設された人間学類(教育学主専攻・心理学主専攻・心身障害学主専攻)の改組により、教育学類・心理学類・障害科学類によって構成される新学群として発足しました。

人間学群の三つの学類では、それぞれ次のような人材の育成を目的としています。
教育学類:現代社会が求める教育学的専門知識を有する人材、すなわち、(1)地域、学校、自治体、そして国際機関など、さまざまな分野において、教育の専門家として活躍できる人材、(2)教育研究者を志望する人材を養成する。
心理学類:人間の心と行動に関する幅広い興味や関心を基盤に、人間の心や行動を科学的実証的に分析し、理解する姿勢および専門的な知識や技能を身につけ、これらの学習成果を生かして、実際的な問題を主体的かつ創造的に解決する力を持つ人材を養成する。
障害科学類:障害に留まることなく人間を深く理解し探求する心を持ち、すべての人が共に生きる社会の創造に貢献できる実践力や研究能力を有する人材を養成する。
各学類の教員は、これらの目的を達成するために、教育課程の編成や授業の工夫、学生の指導に日々努力を重ねています。そして、人間学群では同時に、三つの学類の枠に囚われない、学類の枠を超えた連携も大切にしています。

人間学群の目的は、「現代社会が求めている人間についての深い理解と発達支援を行うことのできる人材を養成する」ことにあります。そして、このような人間サービスに従事する人材に必要な資質・能力は、教育学・心理学・障害科学の三つの学問を総合的に学ぶ中でこそ育成される、われわれはそのように考えています。例えば、学校の先生になろうとしている人、このような人には教育学的な知識・技能だけではなく、生徒の心を理解する力や障害のある生徒を理解する力、すなわち、心理学的な知識・技能や障害科学的な知識・技能が必要不可欠です。人間学群の教育システムは、学生が人間について総合的に学ぶことを可能にするシステムとして構成されているのです。
人間学群の授業は少人数が原則です。授業では常に自らの考えを持ち、それを教員や他の学生に明確に伝えることが要求されます。決して楽ではないそれらの授業、しかしそれらの授業に参加することで、学生は鍛えられ、人間に対する深い理解が可能となります。学生が成長するために、教員は支援を惜しみません。それは、全教員が、発達支援を行うプロであるという責任を自覚しているからです。

人間学群は、人間と人間がかかわる社会・自然に対する幅広い興味と関心を有する人であれば、誰でも歓迎します。ぜひ一度、学園都市・つくばを訪問し、あなた自身の目で人間学群の実態を観察してみてください。