教育プロジェクトとしての取り組み(2008年度)

HOME取り組みの概要

サービス・ラーニング研修会

研修・報告会の開催

2009(平成21年)年3月10日に、教員の研修会と、今年度「人間フィールドワーク」などの授業でサービス・ラーニングを経験した学生の報告会を兼ねて、「研修・報告会 社会で体験することと大学で学ぶこと」を実施しました。研修・報告会では、まず、「サービス・ラーニングを組み立てる」と題して、筑波学院大学の武田直樹氏(OCP推進室社会力コーディネーター)とOCP学生スタッフの馬場裕氏(同大学4年次生)から、同大学のオフ・キャンパス・プログラム(以下、OCP)についてお話を伺いました。次に、人間学類・人間学群の学生3名に、「社会体験を通じて学んだことと大学での学習」をテーマに、本学のサークルである社会福祉研究会の活動や地域の子育て支援活動に参加したことの報告をしてもらいました。最後に、これらの講義・報告を踏まえ、「社会貢献型専門教育をめざすサービス・ラーニング-組み立ての『コア』は何か-」と題して、大学、特に本学におけるサービス・ラーニングのあり方について参加者全員で討議しました。

詳しくはこちら

学内における先駆的な取り組み調査

「サービス・ラーニング」という言葉は使っていませんが、サービス・ラーニング実践と理解できるさまざまな取り組みが、筑波大学では数多く行われています。われわれの取り組みは人間学群に限られたものですが、将来的には、人間学群を含むさまざまな組織の取り組みを連携させ、筑波大学にサービス・ラーニングの文化を確立することが目標となります。

詳しくはこちら

人間フィールドワーク

2007(平成19)・2008(平成20)年度の2年間にわたる「人間フィールドワーク」では,学生の受講者が少なく,また授業の進め方にもいくつか問題点がありました。もちろん,受講してくれた学生は多くことを学んでくれましたが,学生の主体的な学びを受け入れる準備が不十分であったという反省に立ち,今年度は「人間フィールドワーク実施委員会」を組織し,来年度(2009年度)に向けてさまざまな準備を行いました。

詳しくはこちら

pagetop