コースと担当教員

コースと担当教員

望月 聡Mochizuki Satoshi

所属 人間系
職名 講師
学位 博士(学術)
メールアドレス
HPアドレス http://www.mochizukisatoshi.info
研究領域 臨床心理学
専門分野 神経心理学,認知行動病理学
担当 人間学群心理学類
人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻
教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻
人間総合科学研究科心理専攻
研究テーマ  
主要業績
  • Does overgeneralized autobiographical memory facilitate or inhibit intrusive images? Its relation to depressive symptoms. Applied Cognitive Psychology 31(6), 685-694, 2017. (Matsumoto, N., Sensui, T., and Mochizuki, S.)
  • Effects of self-relevant cues and cue valence on autobiographical memory specificity in dysphoria. Cognition and Emotion 31(3): 607-615, 2017. (Matsumoto, N., and Mochizuki, S.)
  • 情動的情報が記銘に与える影響と抑うつ傾向の関連.感情心理学研究 23(3): 105-115, 2016.(伊里 綾子,望月 聡.)
  • パーソナリティ障害と顕在的―潜在的自尊感情間の乖離との関連.心理学研究 86(5): 434-444, 2015.(市川 玲子,望月 聡.)
  • Leuven Adaptation of the Rumination on Sadness Scale (LARSS) 日本語版の作成と信頼性・妥当性の検討.パーソナリティ研究 24(1): 77-87, 2015.(松本 昇,望月 聡.)
  • パーソナリティ障害特性における被拒絶感が自己認知および他者からの評価に対する欲求に及ぼす影響―自己関連動機のネガティブな効果の検討.パーソナリティ研究 23(3): 142-155, 2015.(市川 玲子,外山 美樹,望月 聡.)
  • パーソナリティ障害特性と仮想的有能感との関連―有能感の4類型間の比較.パーソナリティ研究 23(2): 96-100, 2014.(市川 玲子,望月 聡.)
  • パーソナリティ障害特性と自尊感情の諸側面との関連―変動の大きさおよび随伴性に着目して.パーソナリティ研究 23(2): 80-90, 2014.(市川 玲子,望月 聡.)
  • スピーチ場面における異なる情動価をもつ自己イメージの影響の検討.行動療法研究 40(1): 33-43, 2014.(泉水 紀彦,望月 聡.)
  • 境界性・依存性・回避性パーソナリティ間のオーバーラップとそれぞれの独自性.パーソナリティ研究 22(2): 131-145, 2013.(市川 玲子,望月 聡.)
  • 抑うつによる自伝的記憶の具体性の減少:アナログ研究のための教示法の検討.感情心理学研究 21(1): 11-18, 2013.(松本 昇,望月 聡.)
  • 高反すう者におけるワーキングメモリ更新時の干渉制御過程.感情心理学研究 21(1): 1-10, 2013.(西村 春輝,望月 聡.)
  • 抑うつと自伝的記憶の概括化 ―レビューと今後の展望―.心理学評論 55: 459-483, 2012.(松本 昇,望月 聡.)
  • 感情喚起語からの注意解放におけるバイアスと抑うつ傾向の関連.感情心理学研究 19(3): 81-89, 2012.(伊里 綾子,望月 聡.)
  • 演技パターンに影響を与える諸要因の検討.パーソナリティ研究 20(2): 84-97, 2011.(定廣 英典,望月 聡.)
  • 『心理学の「現在」がわかるブックガイド』,実務教育出版,2011.(服部 環(監修・著),越智 啓太,徳田 英次,荷方 邦夫,望月 聡(著))
  • Structured floral arrangement program for improving the visuospatial working memory in schizophrenia. Neuropsychological Rehabilitation, 20(4): 624-636, 2010.(Mochizuki-Kawai H, Yamakawa Y, Mochizuki S, Anzai S, and Arai M. )
  • 「観念性失行」/「観念運動性失行」の解体に向けて-症状を適切に把握するために-.高次脳機能研究 30(2): 263-270, 2010.(望月 聡.)
  • Deficit of flexible sequential learning in patients with Parkinson's disease: A 2 × 8 button- press task. Experimental Brain Research, 202(1): 147-153, 2010.(Mochizuki-Kawai H, Mochizuki S, and Kawamura M. )
  • 側頭葉型Pick病(意味性認知症)における行為表出・行為理解障害.高次脳機能研究 29(2):268-276, 2009.(近藤 正樹,望月 聡,小早川 睦貴,鶴谷 奈津子,河村 満.)
  • 失行における身体部位の物品化現象(BPO)と接近現象(Closing-in)の発生機序について.Brain and Nerve 61(2): 196-202, 2009.(近藤 正樹,望月 聡,小早川 睦貴,鶴谷 奈津子,河村 満.)
  • 神経・生理.島田 博祐,梶原 直樹,徳田 克己(編著),『入門 心理学―わかりやすく学ぶ基礎・応用』第4章 (pp. 67-82),文化書房博文社,2008.(望月 聡).
  • 「伝導性失行」と姿態模倣障害.高次脳機能研究 28(4): 352-360, 2008.(近藤 正樹,望月 聡,小早川 睦貴,鶴谷 奈津子,河村 満.)
  • 神経心理学的検査法.下山 晴彦,能智 正博(編),『心理学の実践的研究法を学ぶ』(臨床心理学研究法シリーズ 第1巻),第IV部 実践的研究の技法1―データ収集法を中心に 第14章(pp. 193-208),新曜社,2008.(望月 聡.)
  • Elderly adults improve verbal fluency by video-phone conversations: a pilot study. Journal of Telemedicine and Telecare, 14: 215-218, 2008. (Mochizuki-Kawai H, Tanaka M, Suzuki T, Yamakawa Y, Mochizuki S, Arai M, and Kawamura M.)
  • Learning-related changes of brain activation in the visual ventral stream: An fMRI study of mirror-reading skill. Brain Research 1122: 154-160, 2006. (Mochizuki-Kawai H, Tsukiura T, Mochizuki S, and Kawamura M.)
  • Disappearance of memory fragments in patients with Alzheimer's disease: Evidence from a longitudinal study of visual priming. Neuropsychologia 44(7): 1114-1119, 2006. (Mochizuki-Kawai H, Mochizuki S, Midorikawa A, Yamanaka K, Tagaya H, and Kawamura M.)
  • 呼称,行為表出,動詞生成課題における情報処理の違いと共通点について:誤反応パターンの分析から.神経心理学 21(3): 215-221, 2005.(小早川 睦貴,望月 聡,望月 寛子,河村 満.)
  • Deficit in long-term retention of learned motor skills in patients with cortical or subcortical defeneration. Neuropsychologia 42(13): 1858-1863, 2004. (Mochizuki-Kawai H, Kawamura M, Hasegawa Y, Mochizuki S, Oeda R, Yamanaka K, Tagaya H.)
  • 「心の理論」に関する神経心理学的研究と脳機能画像研究.脳と神経 56(2): 133-141, 2004.(望月 聡.)
  • 扁桃体病変例における感情認知.高次脳機能研究 23(2): 160-167, 2003.(菅 弥生,石原 健司,河村 満,片多 史明,望月 聡.)
  • Recognition of emotion from facial, prosodic and written verbal stimuli in Parkinson's disease. Cortex 38: 623-630, 2002. (Kan Y, Kawamura M, Hasegawa Y, Mochizuki S, and Nakamura K.)
  • 意味痴呆患者における手続き記憶:意味記憶と手続き記憶の関連.神経心理学 18(2):76-83, 2002.(川合 寛子,望月 聡,緑川 晶,河村 満.)
  • Alzheimer型痴呆患者の手続き記憶に関する縦断研究.脳と神経 54(4): 307-311, 2002.(川合 寛子,河村 満,望月 聡,山中 克夫,新垣 浩,田中 邦明,河内 十郎.)
  • 健忘症例における単純提示効果の検討. 神経心理学 17(4): 241-247, 2001.(菅 弥生,望月 聡,河村 満.)
  • Primary Progressive Apraxia. Neuropathology 19(3): 249-258, 1999.(Kawamura M and Mochizuki S.)
  • 強迫的使用・パントマイム現象:検査場面および日常場面での検討.失語症研究 19(1): 2-8, 1999.(望月 聡,河村 満,河内 十郎,尾花 正義.)
 
所属学会 日本神経心理学会/日本高次脳機能障害学会/日本心理学会/日本心理臨床学会/日本パーソナリティ心理学会/日本認知・行動療法学会/日本感情心理学会/日本応用心理学会
社会的活動 日本神経心理学会評議員(2008-)/日本高次脳機能障害学会評議員(2008-2015)・代議員(2015-)/日本パーソナリティ心理学会機関誌編集委員会委員(2015-)/日本心理学会代議員(2017-)
メッセージ  

担当教員一覧へ   ページ上部に戻る