コースと担当教員

コースと担当教員

綾部 早穂Ayabe-Kanamura Saho

所属 人間系
職名 教授
学位 博士(心理学)
メールアドレス
HPアドレス http://ayabeken.web.fc2.com/index.html
研究領域 実験心理学
専門分野 感覚知覚・認知心理学,嗅覚心理学
担当 人間学群心理学類
人間総合科学研究科心理学専攻
人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻
人間総合科学研究科心理専攻
研究テーマ 味嗅覚認知心理学
主要業績
  • 綾部早穂(2013) 編著 スタンダード感覚知覚心理学 サイエンス社
  • 綾部早穂(2011) 11.嗅覚、12ニオイ、「キーワードコレクション 認知心理学」新曜社
  • 綾部早穂(2011)Ⅰ-4 味覚・嗅覚機能のエイジング、「エピソードでつかむ老年心理学」ミネルヴァ書房
  • 綾部早穂(2011) 10章 嗅覚、「知覚心理学」ミネルヴァ書房
  • 綾部早穂(2008) 11嗅覚、「感覚知覚心理学」朝倉書店
  • 綾部早穂・斉藤幸子 編著 (2008)「においの心理学」フレグランスジャーナル社
  • 綾部早穂 (2007) 第Ⅵ部 嗅覚 2.ヒト中枢神経系における嗅覚情報処理、4.認知・記憶 「新編 感覚・知覚心理学ハンドブック Part2」誠信書房
  • 綾部早穂 (2007) 8.2 匂いの快・不快「匂いと香りの科学」朝倉書店
  • 綾部早穂 (2006) 第5章 感覚と知覚「はじめて学ぶ乳幼児の心理」有斐閣
  • 綾部早穂 (2004) 48鼻をつまむとなぜ味がわからなくなる?「味のなんでも小事典 甘いものはなぜ別腹?」講談社
  • 綾部早穂 (2000) 2.3.3 匂いと記憶「最新 香料の事典」朝倉書店
  • 綾部早穂 他 (2005) スティック型嗅覚同定能力検査法(OSIT)による嗅覚同定能力:年代と性別要 AROMA RESEARCH,6(4),52-55
  • 綾部早穂 (2005) 心理学実験におけるニオイ刺激の提示方法 感情心理学研究,12-2,73-78
  • 綾部早穂 (2005) 嗅覚の認知心理学的研究法 FFIジャーナル,210(9),818-824
  • 綾部早穂・小早川達・斉藤幸子 (2003) 2歳児のニオイの選好—バラの香りとスカトールの匂いのどちらが好き?— 感情心理学研究,10-1,25-33
  • 綾部早穂・斉藤幸子・菊地正 (2002) ニオイの知覚に及ぼす経験の影響 筑波大学心理学研究,24,1-5
  • 綾部早穂 (2001) においの快不快感に及ぼす言語ラベルの影響 AROMA RESARCH,2(6),159-163
  • 綾部早穂・菊地正 (2000) ニオイの再認記憶のパフォーマンスに及ぼす言語ラベルの影響 筑波大学心理学研究,23,1-6
  • 綾部早穂 他(1999) 脳磁場及び脳電位同時計測による嗅覚情報処理関連部位 日本生体磁気学会論文誌,11(2),9-14
  • S. Ayabe-Kanamura, I. Schicker, M. Laska, R. Hudson, H. Distel, T. Kobayakawa, S. Saito (1998) Differences in perception of everyday odors: A Japanese-German cross-cultual study. Chemical Senses, 23, 31-38
  • 綾部早穂 (1997) 人間を対象としたニオイの記憶研究の動向 日本味と匂学会誌,4(2),27-35
  • S. Ayabe-Kanamura, T. Kikuchi, S. Saito (1997) Effect of verbal cues on recognition memory and pleasantness evaluation of unfamiliar odors. Perceptual and Motor Skills, 85, 275-285
 
所属学会 日本心理学会・日本基礎心理学会・日本認知心理学会・日本味と匂学会・米国化学受容器学会・におい・香り環境学会
社会的活動 味嗅覚勉強会主催
日本バーチャルリアリティー学会「香りと生体情報研究委員会」 委員
メッセージ 「どうしてだろう?」という知的好奇心が次々に刺激されるような学生生活を楽しんでください。

担当教員一覧へ   ページ上部に戻る