心理学類TOP 心理系WEB 心理系組織とは 教育・研究スタッフ アクセス 筑波大学ホームページ
教員紹介

教員紹介

加藤 克紀Kato Katsunori

所属 人間系
職名 准教授
学位 博士(心理学)
メールアドレス
HPアドレス  
研究領域 実験心理学
専門分野 比較心理学・動物心理学
担当 人間学群心理学類
人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻
研究テーマ マウスにおける活動性と慣れ,マウスにおける社会性の発達,マウスの視知覚
主要業績
  • 興津隆雄・加藤克紀 2012 マウスの視覚に関する行動的研究の動向 筑波大学心理学研究, 44, 7-15.
  • Nakayasu T., and Kato, K. 2011 Is full physical contact necessary for buffering effects of pair housing on social stress in rats? Behavioural Processes, 86, 230-235.
  • Izumi, R., Oishi, H., Higashibata, A., Yoshizaki, R., Ito, I., Murase, H., Inoue, M., Kato, K., Kawashima, H., Soya, H., and Ishioka, N. 2009 Development of basic technologies for drop-tower experiments on vertebrates. Biological Science in Space, 23, 85-97.
  • 中川直美・加藤克紀 2009 高・低活動系マウスのオープンフィールド行動に対する apomorphine の効果 動物心理学研究, 59, 161-168.
  • Shoji, H., and Kato, K. 2009 Maternal care affects the development of maternal behavior in inbred mice. Developmental Psychobiology, 51, 345-357.
  • 加藤克紀 2007 発達の行動遺伝学 南徹弘(編) 発達心理学(海保博之(監)朝倉心理学講座3巻) 朝倉書店 Pp.12-27.
  • Shoji, H., and Kato, K. 2006 Maternal behavior of primiparous females in inbred strains of mice: a detailed descriptive analysis. Physiology and Behavior, 89, 320-328.
  • Takahashi, A., Kato, K., Makino, J., Shiroishi, T., and Koide, T. 2006 Multivariate analysis of temporal descriptions of open-field behavior in wild-derived mouse strains. Behavior Genetics, 36, 763-774.
  • 加藤克紀 2006 マウスのオープンフィールド行動に対する社会的隔離の影響 動物心理学研究, 56, 11-18.
  • 加藤克紀 2006 初期社会環境が成長後の社会行動に及ぼす影響 アニテックス,18, 9-14.
  • Onuki, Y., Kato, K., and Makino, J. 2005 Influences of food type on food-carrying behavior in rats (Rattus norvegicus). Behavioural Processes, 70, 182-185.
  • Blizard, D.A., Wada, Y,, Onuki, Y., Kato, K., Mori, T., Taniuchi, T,, Hosokawa, H., Otobe, T., Takahashi, A., Shisa, H., Hiai, H., and Makino, J. 2005 Use of a standard strain for external calibration in behavioral phenotyping. Behavior Genetics, 35, 323-332.
 
所属学会 日本心理学会,日本動物心理学会
社会的活動  

 

ページのトップにもどる