心理学研究実習 I (CC11283)

( Research Methods in Psychology I )

授業時間: 秋ABC 月曜日3・4・5時限及び応談
担当教員: 山田 一夫
単位数: 3.0
履修年次: 2
授業概要: 心理学の基本的な研究法を習得するために、実験法や調査法、観察法など用いた実践的研究を行う。
受講対象者: 心理学類学生に限る。
授業内容: 心理学の主要な方法論である、実験法、調査法、観察法などを修得するとともに、心理学における研究計画を身につける。実験心理学、教育心理学、発達心理学、社会心理学、臨床心理学における研究法の基礎について学ぶ。
評価方法: 実験・調査・観察の実施、発表会での発表、レポートの提出といった一連の課題を総合的に評価する。
教科書: 特になし。
参考書: 実習内で適宜提示する。
授業計画: 心理学研究実習Ⅰは実習科目であり、毎週ごとの授業計画はない。
第1回の授業時間に、全体オリエンテーションを行う。その際、実施内容(研究テーマ)、指導教員を紹介する。そして、受講生の希望する研究テーマの調査を行い、受講テーマを決定する。
第2回以降は、各指導教員の下で、個人あるいはグループで研究計画を立て、その実施、データの分析、得られた結果に対する考察等を行う。研究の成果は、<実験>と<調査>別に行われる発表会で発表し、さらにレポートにまとめて提出する。
備考: 心理学類学生に限る。