臨床社会心理学演習 (CC25162)

( Seminar in Clinical Social Psychology )

授業時間: 春AB 金曜日5・6時限
担当教員: 湯川 進太郎
単位数: 2.0
履修年次: 3
授業概要: 比較思想論的理論心理学として,様々な対象(文化・思想・現象・概念・症状・障害など)に関する理論やモデルを通じて,受講生自ら理論心理学(心理学的な理論研究)を実習する。
受講対象者: 「臨床社会心理学」の単位を取得済みであること。
授業内容: 「身体」あるいは「感情」に関連した様々な対象(文化・思想・現象・概念・症状・障害など)について,各自が決めたテーマについて理論的にアプローチし,発表する。
評価方法: ①出欠席・遅刻、②発表、③授業態度、等を加味して総合的に評価する。
教科書: 特になし
参考書: 湯川進太郎(著) 「空手と禅」 (BABジャパン)
R.G.サンティ(著) 湯川進太郎(訳) 「タオ・ストレス低減法」 (北大路書房)
J. カルディロ(著) 湯川進太郎(訳) 「水のごとくあれ!」 (BABジャパン)
湯川進太郎(著) 「空手と太極拳でマインドフルネス」 (BABジャパン)
湯川進太郞(著) 「実践 武術瞑想」 (誠信書房)
授業計画: 1週目   オリエンテーション
      「比較思想論的理論心理学とは何か」
      発表順決定

2週目~10週目 発表(一人2回ぐらいずつ担当)
備考: 演習の内容や受講ルールを説明し,かつ,発表順を決めるため,受講希望者は「必ず」第1週目から出席すること。