対人社会心理学演習 (CC25092)

( Seminar in Interpersonal Social Psychology )

授業時間: 春AB 木曜日3・4時限
担当教員: 藤 桂
単位数: 2.0
履修年次: 3
授業概要: コミュニケーション,対人関係,インターネット,メディアなどに関わる文献購読,および現代における社会現象のレビューを行い,社会心理学における様々なテーマや研究手法について理解を深める。また,受講生間でのディスカッションを通して,受講生各自の興味・関心を明確化する。
受講対象者:  
授業内容: 現代社会における情報技術の発展は,人と人とのコミュニケーションのあり方を大きく変えつつある。また同時に,人々のコミュニケーションによって,情報技術の持つ意味・機能は多様に変容している。人と技術が相互に影響を及ぼしあうこの社会の中で,我々が築く関係・社会・文化はどのように展開していくのであろうか。この演習では,①社会心理学分野における論文・文献のレビューと,②現代における様々な社会現象・事件・カルチャーのレビューを行いながら,③受講生間のディスカッションを通して,④我々の身の回りの関係・社会・文化についての理解を深めることを目的とする。そして卒業論文の執筆に向けて,受講生各自の素朴な興味・関心を,一つの明確な「心理学的研究テーマ」へと練り上げていく。
評価方法: 出欠,プレゼンテーションの内容,ディスカッションへの態度等を総合的に考慮し,評価します。講義とは異なり演習なので,積極的な参加と発言を前提とします。
教科書: 特に指定しません。授業中に適宜紹介します。
参考書: 特に指定しません。授業中に適宜紹介します。
授業計画: 第1週: オリエンテーション(受講時の注意,演習のルールなど)
第2週: 論文発表/社会現象レビュー,ディスカッション
第3週: 論文発表/社会現象レビュー,ディスカッション
第4週: 論文発表/社会現象レビュー,ディスカッション
第5週: 論文発表/社会現象レビュー,ディスカッション
第6週: 論文発表/社会現象レビュー,ディスカッション
第7週: 論文発表/社会現象レビュー,ディスカッション
第8週: 論文発表/社会現象レビュー,ディスカッション
第9週: 論文発表/社会現象レビュー,ディスカッション
第10週: 研究テーマの明確化・総括
(受講生の状況によって,演習内容を変更することもある)
備考: 演習の目的・主旨の説明や,発表の日程決めなどを行うので,初回のオリエンテーションには必ず参加してください。