行動神経科学演習:ホルモンと行動 (CC22102)

( Seminar on Behavioral Neuroscience: Hormones and Behavior )

授業時間: 春AB 火曜日5・6時限
担当教員: 高橋 阿貴
単位数: 2.0
履修年次: 3
授業概要: 「行動神経科学:ホルモンと行動」で扱うテーマについての最新の研究論文の講読・討議を通して、専門知識の習得、研究方法の理解、論理的思考力の育成を促す。
受講対象者: 「行動神経科学:ホルモンと行動」を履修していることが望ましい。
授業内容: 行動神経科学IIで扱うテーマについての最新の研究論文の講読・討議を通して、専門知識の習得、研究方法の理解、論理的思考力の育成を促す。
評価方法: 授業への参加度によって評価する。
教科書: 1) Neurobiology of Social Behavior, Numan, M., Academic Press, 2014.
2) 脳とホルモンの行動学、近藤・小川・菊水・富原・山田(編)、2010年、西村書店
参考書: 1) Biological Psychology: An Introduction To Behavioral And Cognitive Neuroscience (4th Ed.), Mark R. Rosenzweig, S. Marc Breedlove, Neil V. Watson, 2005.
2) Behavioral Endocrinology (2nd Ed.), Jill B. Becker, et al. (Eds.), 2002.
3) Introduction to Behavioral Endocrinology (3rd Ed.), Randy J. Nelson, 2005.
4) eBook: The Brain, http://www.sciencedirect.com/science/book/9780123738899
5) eBook: Hormones, Brain and Behavior (Second Edition), http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780080887838
授業計画:  
備考: http://www.kansei.tsukuba.ac.jp/~ogawalab/ 参照のこと。