人間系心理学域TOP

研究領域とスタッフ

研究領域とスタッフ

安 婷婷AN TINGTING

所属 人間系
職名 助教
学位 教育学博士
メールアドレス
HPアドレス  
研究領域 臨床心理学
専門分野 臨床心理学
担当 人間学群心理学類
人間総合科学研究科心理専攻
留学生センター
研究テーマ 留学生支援,援助要請,iCBT
主要業績
  • 安婷婷(2019).日本語学校の留学生は学生相談室を利用するのか? −日本語学校における学生相談の実践の試み−, 留学生交流・指導研究,21, 77-88.
  • 安婷婷・永井智(2019).抑うつ状況における中国人留学生の援助要請行動のプロセスの関連要因−日本語学校の中国人留学生と日本人大学生の比較より−,コミュニティ心理学研究, 23(1).(印刷中)
  • 安婷婷(2018).日本語学校の留学生が抱える困難-留学生相談内容の記録分析から,臨床心理学,18(6), 754-759.
  • 安婷婷・菅沼慎一郎・下山晴彦(2018).日本語学校に在籍する中国人留学生がiCBT(MoodGYM)を利用する際の意思決定プロセス,心理臨床学研究,36(3), 299-310.
  • 安婷婷・菅沼慎一郎・小倉加奈子・下山晴彦(2016).インターネットを用いた認知行動療法の最新のレビューと今後の展望, 臨床心理学,16(2), 219-231.
  • 安婷婷(2017). 日本語学校に在籍する中国人留学生の段階的サポートニーズ –フォーカス・グループ・インタビューから−,東京大学大学院教育学研究科紀要, 56, 109-119.
  • 安婷婷(2017). 青年期の若者の強迫性障害のためのセラピストによるガイドつきインターネット認知行動療法 ―ランダム化比較試験の結果―(文献抄録), 精神療法, 43(3), 445-445.
  • 井原祐子・シュレンペルレナ・安婷婷・下津佐綾・下山晴彦 (2017). 医師のメンタルヘルスと今後の課題, 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要, 40, 15-21.
  • 小原千鶴・安婷婷・李智慧・大上真礼・河合輝久・下山晴彦(2015). うつ病の親を持つ児童期・青 年期の子どもに対する介入研究の動向, 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要, 38, 44-53.
  • 野津弓起子・樫原潤・菅沼慎一郎・浦野由平・安婷婷(2014). 下山晴彦児童青年期の抑うつの認知行動療法プログラムの改定 ―ケースから見出された児童青年期の抑うつの特徴に着目して―, 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要, 37, 17-25.
  • 矢野玲奈・松田なつみ・小倉加奈子・安婷婷・下山晴彦(2014). ERPが進むとき― 子どものOCDプログラムを担当したセラピストの語りの分析―, 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要, 36, 84-91.
 
所属学会 Asia Association for Global Studies
日本心理学会
日本心理臨床学会
日本コミュニティ心理学会
日本学生相談学会
社会的活動 2018 -(現在) 華心中国語心理相談室 顧問
2017- (現在) 日本コミュニティ心理学会 国際交流委員
2016 -(現在) Asia Association for Global Studies Secretary-Treasurer

 

ページトップにもどる