心理学学位プログラムとは

人間総合学術院 心理学学位プログラム 紹介

心理学は,人間理解の要として,心とは何かを問い,心のはたらきを明らかにする科学です。そのために,心理学では,人間が外界からの情報を取り入れ,理解し,最終的な行動を取るにいたる過程とそこに関わる多様な要因について,また生まれてから発達し,社会を支える存在となり,その後一生を終えるまでの過程の様子とその多様性について,さらには文化・社会の中でその制約を受けつつもまた新たな文化社会を創り上げていく存在としての活動について,そこに現れる個人差やさまざまな環境差なども含めて,現象として,機能として,また,それを支える脳の機能にまで遡って明らかにしていくことを目的としています。これらの研究活動によって明らかになった心理学の知見は,人に関係するあらゆる領域における問題解決にとって有効・有益な基礎科学の知見となり,また,個々の人や組織,とりわけ支援を必要とする人へ向けられる支援・臨床活動のための基盤知識ともなります。
本学の心理学学位プログラムでは,こうした心理学領域全体の知識・方法論・技能・価値観を身につけ,かつ,社会科学諸領域を初めとする隣接諸領域,学際研究として展開可能な複合領域との多様かつ密接な関係性を持ちうる幅広い視野を持ち,その上で人間研究の専門家として社会に貢献できる人材,すなわち,確固たる基礎と幅広い視野さらに問題意識を持つ心理学領域研究者たる人材を養成することを目的とし,博士(心理学),修士(心理学)を取得するための大学院教育プログラムを提供しています。
心理学学位プログラム(博士課程後期,前期)はそれぞれ,心理基礎科学サブプログラムと心理臨床学サブプログラムの2つのサブプログラムから構成されています。心理基礎科学サブプログラムでは,科学としての一般心理学general psychologyを対象とし,心理臨床学サブプログラムでは心理臨床を目的とした研究と実践を目指します。
また,心理学学位プログラムでは隣接する学位プログラムとして,「カウンセリング科学学位プログラム」や「ニューロサイエンス学位プログラム」とも密接に連携して幅広い学修の機会を設けており,また学際的領域として「エンパワーメント情報学学位プログラム」にも貢献しています。

人間総合学術院 心理学学位プログラム 博士前期課程 | Master’s program in Psychology

取得できる学位

修士(心理学)Master of Arts in Psychology

人材養成目的

心理学学位プログラム(博士前期課程)では,研究者・実践家としての高い倫理観,心理学全域にわたる専門的な知識・方法論・研究技能,隣接する諸学問領域への幅広い理解を身につけ,社会に貢献できる有意な人材の養成を目指します。

心理基礎科学サブプログラム
 科学としての一般心理学を専門とするサブプログラムであり,感覚・知覚心理学,認知心理学,教育心理学,発達心理学,社会心理学の諸領域を含みます。これらの領域の心理学を専門とする研究者や,心理学の知見と方法論を用いて,様々な問題を解決する高度専門職業人の養成をいたします。
心理臨床学サブプログラム
 臨床心理学・発達臨床心理学を専門とする研究者,ならびに心理臨床の実践家の養成するサブプログラムです。心理臨床学サブプログラムでは,公認心理師の受験資格に必要なカリキュラムが整備されているとともに,公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から臨床心理士第1種指定校に認定され,本サブプログラムの修了により,臨床心理士の受験資格が得られます。

修了後の進路

いずれのサブプログラムも,研究者となるために大学院博士課程後期への進学者が多く見られます。その他に,それぞれのサブプログラムの修了生は,多様なキャリアパスをとり,社会のさまざまな場面で活躍をしています。

心理基礎科学サブプログラム
一般民間企業,シンクタンク等への就職の他,公務員,民間研究所・企業の心理専門職など
心理臨床サブプログラム
家庭裁判所調査官補,法務省専門職員,地方公務員(心理職・一般職),病院・精神科クリニック心理士,スクール・カウンセラー等

人間総合学術院 心理学学位プログラム 博士後期課程 | Doctoral program in Psychology

取得できる学位

博士(心理学)Ph. D in Psychology

人材養成目的

心理学学位プログラム(博士後期課程)では,研究者・実践家としての高い倫理観,心理学全域にわたる専門的な知識・方法論・研究技能,隣接する諸学問領域への幅広い理解を身につけ,社会に貢献できる有意な人材の養成を目指します。
いずれのサブプログラムにおいても,心理学の研究者として,大学あるいは各種研究機関,民間研究所などで活躍できる人材を輩出しております。また近年では,心理学の知見と方法論を用いて,様々な問題を解決する高度専門職業人としても本プログラム修了者が活躍しています。