第26回 人間系コロキアム(6/8/2016)のご案内

筑波大学人間系研究戦略委員会では、活動の一環として平成24年度より「人間系コロキアム」を開催しています。平成25年度からは、国内・外からの招聘講師による講演に加えて、人間系所属教員による講演を企画し、人間系所属教員を中核とした領域横断的研究の更なる推進を目指しております。   28年度第3回目の開催となる本コロキアムでは、人間系教員の佐藤有耕先生による講演会を予定しています。 教員、大学院・学類学生の他、広く多くの方々のご参加をお待ちしております。 
 今年度から、時間と場所を変更して開催しておりますのでご注意ください。

日  時:  2016年6月8日(水)12:15~ 13:15  

場  所:  筑波大学  文科系修士棟8B210

講  演:「感情からみた青年期の特徴」      筑波大学人間系 佐藤有耕

講演内容:
 青年期を理解するための方法として,青年が日頃どんなことを感じているのかという,感情からのアプローチがある。感情全体からアプローチしようとした研究は少ないが,古い研究では,内田(1990)の生活感情32項目があり,またポジティブ感情・ネガティブ感情の2次元からなる日本語版PANAS(佐藤・安田2001;川人ら,2011)もよく知られている。項目数の多い感情の尺度には,寺崎・岸本・古賀(1992)の多面的感情状態尺度80項目や100項目の感情リスト (ヒュー,1981)もある。本学に関連の深い研究としては,落合(1994)の生活感情リスト190項目があり,中学生・高校生・大学生を対象として実施した全項目の平均値が報告されていることが特徴である。2016年に追試を行ったので,1994年発表の結果と2016年の結果の両方を提示して,感情からみた青年期の特徴について話題提供させていただきたい。

プログラム: 12:15~13:15  講演・質疑応答

進行:加藤 靖佳

主催:筑波大学人間系・研究戦略委員会

問い合わせ先:筑波大学人間系研究戦略委員会事務局(research#@#human.tsukuba.ac.jp)
  ※ 「#@#」を「@」に置き換えてください。

添付資料:コロキアムポスター26th Poster

コメントは受け付けていません。