エクステンションプログラム開催報告

平成29年8月21日(月)、22日(火)の両日に2H棟201において筑波大学エクステンションプログラム〔発達障害の特別支援教育PLUS+〕を開催しました。県内外の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校及び教育委員会等に従事する106名が受講しました。2日間のプログラムで発達障害の医療・教育・福祉に関する最新情報の他、選択的緘黙・発達障害者支援法・TEACCHプログラムや応用行動分析について本学の第一線の研究者総勢10名が弁舌をふるいました。盛りだくさんの内容でしたが受講者たちは熱心に聞き入っていました。アンケートの結果も概ね良好でした。

当日の様子:

 

コメントは受け付けていません。