• 文字サイズ

ソーシャル・ニューロダイバーシティ科学の実践・研究:Practice and Research for Social-Neuro Diversity Science のご案内

筑波会議2019スペシャルセッション(3日目)において、筑波大学プレ戦略イニシアティブ(研究拠点提案型)「ソーシャル・ニューロダイバーシティ科学研究拠点の創成と推進(代表者:人間系教授・小川園子)および筑波大ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター(DACセンター)教育関係共同利用拠点との共同企画により、下記の一般公開のイベントを開催いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

【日  時】  2019年10月4日(金)13:30〜16:00

【場  所】  つくば国際会議場 大会議室102 
        〒305−0032 茨城県つくば市竹園2−20−3
        つくばエクスプレス「つくば駅」徒歩10分
        https://www.epochal.or.jp/access/index.html 

【概  要】     現代社会においてSociety 5.0とSDGsを見据えた時に、多様な他者を理解し、適切な関係性
        (社会性)を維持できる社会の実現が最重要課題です。
                         特に、発達障害を「神経多様性(ニューロダイバーシティ)」と捉える社会モデルに基づく考え方
         が欧米を中心に展開しています。
                      本セッションでは、発達障害をテーマに先駆的な実践・研究を行う若手研究者等が、多様性が
         活きる社会の実現に向けた未来について議論します。

【プログラム】 ●13時30分〜15時15分:パネルディスカッション
         多様な発達特性を有する人々に関する先駆的な実践・研究を行っている若手研究者等による
         パネルディスカッションを行います。

        ●15時15分〜16時00分:ラウンドテーブル・体験型セッション
         登壇者によるポスターセッション、多様な特性に役立つ支援機器等の体験等を予定しています。
         来場者には、当事者制作の「発達障害啓発マンガ」(非売品)を無料プレゼント!

         プログラム詳細はこちら

 

【参加費・対象者】無料・一般公開 

【参 加 形 態】 下記のいずれかの形態でご参加いただけます。
         1. 会場に来訪して参加 <定員120名>
         2. 遠隔ビデオ通信により参加 <定員40名>
          ※遠隔ビデオ通信ではパネルディスカッションのみとなります。

     <遠隔ビデオ通信による参加の注意事項>

・遠隔ビデオ通信(Zoom)では、13時30分〜15時15分までのパネルディスカッションにご参加いただけます
・15時15分からのラウンドテーブル・体験型セッションにご参加いただくことはできません
・お申込み後、前日までに遠隔ビデオ通信(Zoom)による参加方法についてメールでご案内致します
・当日はお好きな場所でインターネット接続ができる端末(パソコン、タブレット、スマートフォン)をご準備ください
・会場の映像と音声をリアルタイムで配信します
・会場のネットワーク接続状況および参加者の端末スペックおよびネットワーク接続状況によっては、途中で通信が遮断
   することや速度が遅くなる場合がございます。予めご了承ください

・登壇者への質問・コメントはWEBによる質疑応答サービスを用いて、遠隔で対応致します
・接続にあたり、不安のある方は前日(10月3日)までに問い合わせ先までご連絡ください

 

【参加申し込み】 下記より事前申込をお願いいたします。
         https://jp.surveymonkey.com/r/tsukuba_conf_jp

【問い合わせ先】 筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター
         教育関係共同利用拠点(担当:佐々木・脇)
          E-mail:radd-info@un.tsukuba.ac.jp

   ※ 関連リンク: https://tsukuba-conference.com/sessions/n13s
                                http://dac.tsukuba.ac.jp/shien/190920-1-2/

      ※ 関連資料:  案内チラシ