• 文字サイズ

国立台湾大学との共同開催による支援付き意思決定セミナーを開催

2019年度筑波大学・国立台湾大学教員交流プログラムにより、人間系から森地徹助教が201988日から910日までの間、国立台湾大学に派遣されました。その中で、研究の一環として、825日に国立台湾大学において同法学部との共催により支援付き意思決定の現状と課題に関するセミナーが開催されました。同セミナーには人間系からは森地徹助教の他に名川勝講師が登壇し、国立台湾大学からは同プログラムの共同研究代表者である黄詩淳副教授が登壇されました。会場には支援付き意思決定に関心のある研究者及び実践者が多数参加しており、本セミナーの実施を通して、同じ東アジアに身を置く者同士が支援付き意思決定の仕組みの構築、導入及び評価について研究・実践両面においてさらなる連携を図ることが重要になるということを改めて感じさせられました。黄詩淳副教授は2020年度筑波大学・国立台湾大学教員交流プログラムにより2020622日から731日の予定で人間系で研究を行うことになっており、今後も継続して支援付き意思決定に関する共同研究を行っていく予定となっています。

 

    【セミナーの様子】