• 文字サイズ

第73回人間系コロキアムのお知らせ(2021年11月10日) 

筑波大学人間系では、活動の一環として平成24年度より「人間系コロキアム」を開催しています。本コロキアムでは、人間系教員 緒方昭広 先生による講演会を予定しております。
コロキアムは以下のとおり、オンライン開催としております。多くの方々のご参加をお待ちしております。

 

 日  時: 2021年11月10日(水)12:15〜13:15  

        ※ 質疑応答も含めての時間としております。

 場  所: zoomによるオンライン開催(事前登録制)

 参加方法: こちらのフォームから登録してください。

       https://forms.gle/BbbP1kBDynQ8dK6c9

       登録したメールアドレス宛にオンライン参加のためのURLを送付いたします。

 題  目:「創立明治36年 筑波大学理療科教員養成施設が視覚障害教育に果たしてきた役割」

       筑波大学人間系障害科学域 緒方昭広教授

 講演内容

 本施設は、筑波大学の前身である東京高等師範学校(当時お茶の水)において始まる。
 明治40年、小学校6年生義務制に向けて明治政府は幹部教員養成のため、高等師範学校を強化することとしたが、視覚障害教育も同様であったと思われる。
 明治36年以来、115年以上にわたり盲学校(視覚特別支援学校)や障害者リハビリテーションセンター、晴眼者の鍼灸師を養成する専門学校の理療部門の教員養成を担い、多くの優秀な教員を輩出してきた。本施設の1世紀以上の歴史と視覚障害者のあん摩マッサージ指圧、はり、きゅうの免許獲得ならびに彼らの自立に大きく貢献したことは明白な事実であり、今後も日本における唯一の理療科教員養成機関として存続し、視覚障害者の自立を支えていく重い責任を負うことには変わりない。

 

 

 

 お問い合わせ先:筑波大学人間系リサーチラウンジ

        (research#@#human.tsukuba.ac.jp)

        「#@#」を「@」に置き換えてください。