• 文字サイズ

サイエンスアゴラ2021国際セッション「「つくりたい未来」-社会不安の根源を問い直す」開催のご案内(11/5(金)17:00-18:30)

科学技術振興機構により、サイエンスアゴラ2021国際セッションが開催されます。
RISTEX研究開発事業「社会的孤立枠」の関係者との交流会もあり、どなたでもご参加できます。
 
サイエンスアゴラ2021国際セッション 
「つくりたい未来」-社会不安の根源を問い直す
Building an Inclusive Society: Reconsidering the Roots of Social Anxiety
 
インクルーシブネス社会の実現に向けて、その背景となる各国共通の課題として「社会の分断」や「社会的孤立」、「社会不安」を取り上げ再考します。国内外から識者を迎え、科学技術や人文社会科学が社会と協働し、
本質的な対応策を講じるにはどうしたら良いか、参加者とともに議論します。
 
■開催日時:   令和3年11月5日(金) 午後17:00~18:30(日本時間)
       ※セッション終了後、JST-RISTEX「社会的孤立枠」関係者も交え登壇者とのオンライン交流会を
       行います(~19:00)
■開催形式:  Zoom ウェビナー
■使用言語:  日本語・英語(同時通訳あり)
■主  催: 「科学と社会」推進部
■協  力: 社会技術研究開発センター(RISTEX)
■登壇者:
     藤森 克彦(日本福祉大学 福祉経営学部 教授/みずほリサーチ&テクノロジーズ 主席研究員)
     Ravneet Virdi(英国デジタル・文化・メディア・スポーツ省 孤独対策チーム長)
     工藤 啓(認定特定非営利活動法人育て上げネット 理事長)
     Tiziana Bonapace(アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP) ICT災害リスク軽減局長)
 
■セッション詳細:以下のURLからご覧ください。
 
■参加登録URL:
 
(参考)
RISTEX「社会的孤立枠」
正式名称:SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム(社会的孤立・孤独の予防と多様な社会的ネットワークの構築)
R3新規採択プレスリリース(2021/11/1)