• 文字サイズ

第74回人間系コロキアムのお知らせ(2021年12月8日)

筑波大学人間系では、活動の一環として平成24年度より「人間系コロキアム」を開催しています。本コロキアムでは、人間系教員 徳永智子先生による講演会を予定しております。
コロキアムは以下のとおり、オンライン開催としております。多くの方々のご参加をお待ちしております。

 

 日  時: 2021年12月8日(水)12:15〜13:15  

        ※ 質疑応答も含めての時間としております。

 場  所:  zoomによるオンライン開催(事前登録制)

 参加方法: こちらのフォームから登録してください。

       https://forms.gle/JMdNAH8x8UeE9w8E9

       登録したメールアドレス宛にオンライン参加のためのURLを送付いたします。

 題  目: 移民の若者の居場所とエンパワメント ―エスノグラフィー研究から参加型アクションリサーチへ―

       筑波大学人間系教育学域 徳永智子 助教

 

 講演内容

 グローバル化が進展するなかで、複数の国・文化・言語のはざまを生きる子ども・若者が増加している。越境を経験する若者たちは、どのように帰属意識を形成しているのだろうか。私は10 代の在日フィリピン系女性と在米アジア系女性や彼女たちを取り巻くコミュニティを対象とした長期間のフィールドワークを行い、彼女たちがどのように物理的かつ想像上のホームや居場所をつくってきたのかを考察してきた。

 最近では、民主的な「知」の産出を目指す参加型アクションリサーチとして、日米の高校やNPOと協働し、移民の若者の居場所づくりやエンパワメントに取り組んでいる。特に、移民の若者の「知」や経験を尊重し、若者と共に行う、より倫理的で公正な研究のあり方について検討している。

 本コロキアムでは、私の研究の軌跡をふりかえりつつ、立場性やフィールドとの関係性、研究の目的やスタンスの変容について紹介する。

 

 

 

 お問い合わせ先:筑波大学人間系リサーチラウンジ

        (research#@#human.tsukuba.ac.jp)

        「#@#」を「@」に置き換えてください。