HOME > 現職教員研修

現職教員研修


 本センターでは、特別支援教育のそれぞれの領域において高い専門性を持つ教員の養成、及び特別支援教育コーディネーターの養成を目的とし、一定の教育経験を持つ教員等を対象に研修生の受け入れをおこなっております。そこでは、筑波大学附属特別支援学校5校での実習と、本センター及び筑波大学大学院人間科学総合研究科障害科学専攻での講義・演習を組み合わせた長期研修プログラムを提供しています。平成28年度は6名の研修生を受け入れました。 また、平成21年度より海外からの現職教員の受け入れを開始し、国際教育協力にも貢献しています。

修了した研修生の研修テーマ一覧はこちらです

平成29年度現職教員研修のご案内はこちらです


中間報告会を行いました(2017.09.14)
 研修プログラムの前半を終え、現職教員研修中間報告会を行いました。大学の指導教員だけでなく、実習を行っている視覚特別支援学校の先生にもご参加いただき、各発表に対し、ご質問をいただきました。先生方お疲れ様でした。
  

現職教員研修では、各附属を活用した演習を行っています(2017.08.09)
 平成29年度現職教員研修では、各自のテーマにそった研修と並行して、各附属の実践に基づく演習を行っています。前期は、附属学校見学、アセスメント、指導法の演習を行いました。
◇附属学校見学の様子
(久里浜特別支援学校)地震津波避難訓練の様子
◇アセスメント演習
(大塚特別支援学校にて)
(オージオメータ-による聴力検査)
◇指導法
(アイマスクによる歩行体験)
(国語科授業参観と概要の説明 桐が丘特別支援学校にて)

平成29年度現職教員研修が始まりました(2017.04.04)
 平成29年度現職教員研修が始まりました。今年度は北海道から1名、静岡県から1名の計2名の研修生を受け入れました。

平成28年度現職教員研修の成果報告会、修了式が行われました(2017.03.09)
 平成28年度現職教員研修成果報告会と、それに続き修了式が行われました。
報告会では、研修生が1年間の成果を報告するとともに、出席者から的確な質疑や助言がなされました。成果報告会後に平成28年度現職教員研修の修了式が行われました。研修生のみなさまの研修の成果が所属校等で発揮されることが期待されます。
 

 

平成28年度現職教員研修が始まりました(2016.04.04)
 平成28年度現職教員研修が始まりました。今年度は北海道から1名、千葉県から2名、さいたま市から1名、長野県から1名、静岡県から1名の計6名の研修生を受け入れました。


平成27年度現職教員研修が始まりました(2015.04.02)
 平成27年度現職教員研修が始まりました。今年度は北海道から1名、千葉県から3名、埼玉県から1名、静岡県から1名の計6名の研修生を受け入れました。開講式には甲斐附属学校教育局次長が列席し、甲斐次長からは研修生へ訓示がありました。

平成26年度現職教員研修が始まりました(2014.04.03)
 平成26年度現職教員研修が始まりました。今年度は千葉県から3名、静岡県から1名の計4名の研修生を受け入れました。開講式には甲斐附属学校教育局次長ならびに新津附属学校教育局次長も列席し、甲斐次長からは研修生へ訓示がありました。


平成25年度現職教員研修生成果報告会が行われました(2014.03.06)
 平成25年度現職教員研修生成果報告会が行われました。報告会では、研修生が1年間の成果を報告するとともに、出席者から的確な質疑や助言がなされました。成果報告会の後、修了式が行われ、修了式には甲斐附属学校教育長も列席し、研修生へ労いの言葉を述べました。今後は研修の成果を所属校等で発揮することが期待されます。


演習「知的障害アセスメント」がありました(2013.05.21)
 センター教諭による「知的障害アセスメント」の演習がありました。


講義が本格的に始まりました(2013.05.13)
 センターでの講義が本格化的に始まりました。5月9日は、四日市センター長による、「障害児教育の歴史」の講義が行われました。


平成25年度現職教員研修が始まりました(2013.04.03)
 平成25年度現職教員研修が始まりました。今年度は千葉県から2名、北海道から1名、埼玉県から1名、静岡県から1名の計5名の研修生を受け入れました。開講式には甲斐附属学校教育局次長も列席し、研修生へ訓示を述べました。