リハビリテーション科学
教員紹介

TOP プログラム概要 教員紹介

小澤 温(教授)
Atsushi OZAWA

専門領域 障害者福祉、地域リハビリテーション、ケアマネジメント
研究テーマ 障害者の地域生活支援、障害者に対するケアマネジメント
担当授業 社会リハビリテーション、障害者福祉、社会リハビリテーション演習、地域リハビリテーション

詳しくはこちら

川間 健之介(教授)
Kennosuke KAWAMA

専門領域 運動障害学、肢体不自由教育
研究テーマ 重度・重複障害児の認知発達を促すポジショニング、肢体不自由児の社会参加と教育課程、障害のある幼児児童生徒の認知発達を促す指導法および教科の指導法の開発
担当授業 運動障害学特論、運動障害学演習、特別支援教育総論、統計学

詳しくはこちら


佐島 毅(准教授)
Tsuyoshi SASHIMA

専門領域 視覚障害学
研究テーマ 視覚障害幼児の認知発達、盲児の概念形成と教材教具、重複障害児の視機能評価
担当授業 視覚障害学特論、視覚障害学演習、特別支援教育総論、統計学Ⅰ

詳しくはこちら

八重田 淳(准教授)
Jun YAEDA

専門領域 職業リハビリテーション、リハビリテーションカウンセリング
研究テーマ 職業リハビリテーションの専門性、リハビリテーションカウンセラーの役割と機能、職場へのトランジション、国際リハビリテーションカウンセリング教育
担当授業 職業リハビリテーション、リハビリテーションカウンセリング、職業リハビリテーション演習

詳しくはこちら

山田 実(教授)
Minoru YAMADA

専門領域 老年学
研究テーマ 高齢者の介護予防関連の研究、サルコペニアに関する研究、フレイルに関する研究
担当授業 高齢者障害学特論、健康障害学特論、医学的リハビリテーション、統計学

詳しくはこちら

河野 禎之(助教)
Yoshiyuki KAWANO

専門領域 認知症、SOGI/LGBT+、ダイバーシティ&インクルージョン
研究テーマ 認知症の症状(認知機能、行動・心理症状)やQOLのアセスメントに関する研究、認知症にやさしいまち(Dementia Friendly Community)に関する研究、LGBTQに関する医療福祉領域におけるインクルージョンに関する研究、その他ダイバーシティ&インクルージョンに関する社会活動に関する研究
担当授業 ダイバーシティ概論、精神障害学特論 他

詳しくはこちら

熊谷 恵子(教授)
Keiko KUMAGAI

専門領域 特別支援教育、教育相談、発達障害心理学
研究テーマ 学習障害児の療育指導の研究、学習障害児の神経心理学的アプローチ、算数障害児の研究、アーレンシンドローム(光の過敏症)の研究、発達障害児者のSST
担当授業 発達障害学特論、発達障害学演習、特別支援教育コーディネーター論

詳しくはこちら

徳竹 忠司(講師)
Takashi TOKUTAKE

専門領域 物理療法、視覚障害教育
研究テーマ 鍼通電療法における触察・刺鍼技術開発、視覚障害者への技術指導法、鍼通電療法の臨床的研究
担当授業 リハビリテーション方法論基礎Ⅰ

詳しくはこちら

濱田 淳(講師)
Jun HAMADA

専門領域 理療教育学、視覚障害教育
研究テーマ 理療技術教育の方法、男性泌尿生殖器系疾患に対する鍼治療
担当授業 リハビリテーション方法論基礎Ⅰ

詳しくはこちら

工藤 滋(講師)
Shigeru Kudo

専門領域 視覚障害教育、理療教育(あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう教育)
研究テーマ 視覚障害者を対象とする理療教育における学習教材・触察指導
担当授業 リハビリテーション概説

詳しくはこちら

他の関係する組織の教員(障害科学系:専門分野/研究テーマ)

※授業等を担当することがあります。

柿澤 敏文(教授)

視覚障害生理・心理学/障害児者の眼球運動の研究

名川 勝(講師)

障害福祉/障害児者の地域生活支援、権利擁護

米田 宏樹(准教授)

知的障害教育学/知的障害者の教育・福祉に関する歴史的研究

柘植 雅義(教授)

特別支援教育(知的・発達・行動障害学分野)

宮本 昌子(教授)

発話流暢性障害/吃音、早口言語症等の発話流暢性障害の評価と指導介入法の開発

小林 秀之(准教授)

視覚障害学/弱視児の視知覚特性に応じた教育的支援、視覚障害児の学習活動に対する支援

岡崎 慎治(准教授)

知的・発達障害生理・心理学/発達障害児の注意機能に関する認知神経科学的研究

原島 恒夫(教授)

オージオロジー、聴覚障害生理・心理学/聴覚障害者の聴覚活用と読話、聴覚障害児の早期療育と環境論的アプローチ、聴覚障害者のための情報支援、聴覚情報処理障害

野呂 文行(教授)

応用行動分析学/通常学級における発達障害児童の行動問題に対する対応方法の検討、知的障害を伴う自閉スペクトラム症児の認知言語指導

小島 道生(准教授)

知的障害心理学、発達障害心理学/発達障害・知的障害心理と支援、特に自己理解や自己肯定感に関する研究、ダウン症のある人の生涯発達支援

和田 恒彦(准教授)

腰痛等の運動器疾患

注記:
1) 各教員の専門領域等の情報については、「筑波大学研究者総覧(TRIOS)」http://www.trios.tsukuba.ac.jp/をご参照ください。
2) 「前」は博士前期課程で学生に論文指導ができる教員、「後」は博士後期課程で学生に論文指導ができる教員を表しています。

Program Outline

プログラム概要

OB/OG Voices

修了生の声